【抜粋記事】鴻海・郭会長が「サムスン潰し」に乗り出した 中国に巨大パネル工場作り、世界制覇へ一手

東洋経済
鴻海・郭会長が「サムスン潰し」に乗り出した
中国に巨大パネル工場作り、世界制覇へ一手


HOnhai_terry_image2.jpg

中国・広州市の南香山のふもとに位置する増城区。鴻海はここに世界最大の10.5世代液晶パネル工場を建設する。投資総額は2800億台湾ドル(約1兆円)




ジャパンディスプレイ、車載用液晶ディスプレイの生産能力増強

RESPONSE
ジャパンディスプレイ、車載用液晶ディスプレイの生産能力増強

JDI_tottri-plant_image1.jpg
ジャパンディスプレイ 鳥取工場

ジャパンディスプレイは、鳥取工場の液晶パネル生産能力を増強(2017年11月予定)するとともに、
同工場に先進的液晶モジュールの試作・開発を目的とした自動組み立てラインを設置
(2018年4月稼働予定)すると発表しています。


パナソニックは次世代コックピットの覇者になれるか

NEWSWITCH
パナソニックは次世代コックピットの覇者になれるか
スペインの車部品を傘下に。今年からシステム納入始まる

Panasonic_CES2016_ecocpit_image2.jpg
パナソニックの「eコックピット」(2016年のCESより)

パナソニックは、スペイン自動車部品メーカーのフィコサ・インターナショナル(バルセロナ市)への出資比率を
2017年4月末に現在の49%から69%に引き上げ、連結子会社化すると発表しています。
電子化が進む自動車業界では、両社が手がける電子ミラーやインターネット接続用通信モジュールなどの採用が
急ピッチで進んでいます。フィコサを連結化して車載用コックピットシステムの事業展開を加速するねらい。

【抜粋記事】JDIトップ人事に違和感、問われる産業革新機構の役割(追記)

Diamond
JDIトップ人事に違和感、問われる産業革新機構の役割

jdi2.jpg

スマートフォンなどに使われる中小型液晶の最大手、ジャパンディスプレイ(JDI)は、今年6月の株主総会を経て、本間充会長兼最高経営責任者(CEO)が退任する人事を発表


経営体制の刷新は、上場企業として「自然な流れ」といえるが、一方で、違和感を拭い切れないのが後任の人事


今春にも買収し連結子会社化する予定の企業(有機ELディスプレイを手掛けるJOLED)の社長を、親会社となるJDIのCEOとして迎える


今回のトップ人事は、革新機構としても相当に気をもんだはずだ。なぜなら本間氏をJDIに呼び寄せたのも、JDIやJOLEDの設立を主導したのも、ほかならぬ革新機構だからだ


あらためて官民ファンドの役割、存在意義が厳しく問われることになりそうだ



関連記事
(17/04/14追記)
日本経済新聞:JDI社長に東入来氏 ディスプレー検査装置事業で実績
(17/04/23追記)
日本経済新聞:JDI 空回りの5年 革新機構介入が混迷招く
NEWSWITCH:ジャパンディスプレイ、経営陣刷新。どうなる有機EL戦略

当ブログ関連記事
JDI、液晶・有機EL統合−JOLEDを子会社化、シャープと提携再燃?(追記)
【抜粋記事】ジャパンディスプレイ・有賀社長、シート型液晶にめど 有機ELに対抗
ジャパンディスプレイがスマホ向け液晶増産。危機はしのげるか

    

有機EL市場を左右するキヤノントッキ、蒸着装置を2倍に増産

NEWSWITCH
有機EL市場を左右するキヤノントッキ、蒸着装置を2倍に増産
キヤノングループにユニットの生産を一部委託

Canon-tokki_OLED_deposition_machine_image1.jpg
キヤノントッキは真空蒸着装置の生産能力を引き上げる

キヤノントッキ(新潟県見附市、津上晃寿会長兼最高経営責任者)は、
有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)パネル製造向け真空蒸着装置の年産能力を引き上げるとしています。
2017年の生産台数は、16年比2倍の10台超になるとみられます。
グループの拠点を活用し能力を上げるとのこと。

【抜粋記事】FPD China、有機EL用でも存在感、韓台の製造装置・部材メーカー

日経テクノロジーオンライン
FPD China、有機EL用でも存在感、韓台の製造装置・部材メーカー

FPD-China_2017_image1.jpg

2017年3月14~16日に中国・上海でディスプレー関連の展示会「FPD China 2017」が開催



MIT、従来設備のまま配線を4分割可能なリソグラフィ技術

PC Watch
MIT、従来設備のまま配線を4分割可能なリソグラフィ技術

MIT_liso_polymer_image1.jpg

画像上:従来手法で得られた配線 画像中:発表手法でマスクされた配線 画像下:マスクを取り除いた配線。
画像上に比べ、配線数は4倍となる。

米マサチューセッツ工科大学は、特殊なポリマーであるブロック共重合体の配向性を利用し、
すぐれた精度を持ったマスクを形成する新技術を発表しています。
従来設備のまま半導体プロセスルールを縮小できる可能性があるとのこと。


【抜粋記事】有機ELテレビ市場成長の鍵を握る、LGディスプレイの呂社長に直撃

StereoSoundOnline
有機ELテレビ市場成長の鍵を握る、LGディスプレイの呂社長に直撃

LG_display_booth_korea-display-conferensce_image1.jpg

麻倉怜士さんによるCES 2017現地インタビュー取材


有機ELパネルのサプライヤーとしてトップを走るLGディスプレイのCMO(Chief Marketing Officer)兼社長の呂相徳氏




≪PREVNEXT≫
プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter