スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【抜粋記事】10分で30km、急速充電EVバス…東芝インフラシステムズなど、マレーシアで実証運行開始

RESPONSE
10分で30km、急速充電EVバス…東芝インフラシステムズなど、マレーシアで実証運行開始

Toshiba-infra-systems_SCiB-bus_image1.jpg

東芝インフラシステムズなど4社は、10分間の超急速充電で高い運行頻度を実現するEVバスの実証運行をマレーシアで開始



【抜粋記事】車内インテリア表面材と照明技術を融合-コンチネンタルがコンセプトを公開

マイナビニュース
車内インテリア表面材と照明技術を融合-コンチネンタルがコンセプトを公開

continental_Acella Hylite_image1 continental_Acella Hylite_image2
半透明の表面材「Acella Hylite」を活用することで、特殊な照明効果を生み出すことができ、
これによりアラートを出すといった安全性向上などを図ることができるようになるという

コンチネンタルは、車内インテリア表面材と照明技術を組み合わせた技術の開発コンセプトを、9月に独フランクフルトで開催される2017年国際モーターショー(IAA)にて公開する計画



【抜粋記事】HTC、VR部門売却や身売りを検討か--売却先候補にグーグルも?

CNET
HTC、VR部門売却や身売りを検討か--売却先候補にグーグルも?

HTC_smartwatch_onewear_image.png

HTCが、自社の戦略的な選択肢について検討中だという



【抜粋記事】低コストでプラズマ処理の大面積化が容易に - 阪大

マイナビニュース
低コストでプラズマ処理の大面積化が容易に - 阪大

Osaka-univ_low-plazma_heat_image1.jpg
プラズマ処理中のヒーター加熱の効果(青:ブチルゴム、白:フッ素樹脂)。
ヒーター加熱するとフッ素樹脂にくっつけたゴムが剥離試験中に材料破壊する (出所:阪大Webサイト)

大阪大学(阪大)は、フッ素樹脂に対して、ヒーターで加熱しながらプラズマ処理することで、低コストで高接着性が得られることを明らかにしたと発表


サムスン、鴻海の「兵糧攻め」でTV世界シェア20%割れ危機

EMSOne
【液晶テレビ】 サムスン、鴻海の「兵糧攻め」でTV世界シェア20%割れ危機

samsung-logo-1.jpg

調査会社DIGITIMES Researchはレポートで、韓国サムスン電子(Samsung Electronics)の
テレビ(TV)世界シェアが17年、20%を割り込む恐れがあるとの見通しを明らかにしています。

魅力的な製品を欠く他、台湾フォックスコン(FOXCONN=鴻海精密=ホンハイ)傘下になった
シャープ(Sharp)が17年、サムスンへのTV用液晶パネル供給を止めるという「兵糧攻め」に出たことが
TV出荷の減少につながったとしているとのこと。

当ブログ関連記事
【抜粋記事】どうなる? 2017年下期以降のディスプレイ業界①
【抜粋記事】大型液晶、2019年には中国の生産能力が韓国を抜く可能性


【抜粋記事】TDDI技術の成熟で2017年のスマホのインセル化率は32%に到達 - WitsView

マイナビニュース
TDDI技術の成熟で2017年のスマホのインセル化率は32%に到達 - WitsView

Westview_Incell-TDDI_market_2016-18_image1.jpg
図 世界スマートフォン市場におけるインセル型タッチパネルとTDDI+インセル型タッチパネルの
個数と普及率(%)の推移。2017年以降は予測 (出所:WitsView)

WitsViewは、スマートフォン(スマホ)市場におけるインセル(In-Cell:タッチパネル機能をTFT液晶セル内に組み込む方式。タッチパネル機能をガラス基板上に作り込む方法であるオンセル(On-Cell)に対する形でインセルと呼ばれる)型タッチパネルの普及率が、2017年末までに31.9%に達するとの予測を行った



【抜粋記事】布に“印刷”できるウェアラブルバッテリ--マンチェスター大学が発表

CNET
布に“印刷”できるウェアラブルバッテリ--マンチェスター大学が発表

manchester-Univ_graphene_print_fabric_image1.jpg
布に酸化グラフェン製のインクでプリント(出典:マンチェスター大学)

マンチェスター大学の研究チームは、衣服などの布に直接プリントする電子回路でウェアラブルバッテリが作れる、という研究結果を発表



ペロブスカイト型量子ドットの量産技術を確立

EETimes
ペロブスカイト型量子ドットの量産技術を確立

fuji-pigment_Q-dot_image1.jpg fuji-pigment_Q-dot_image2.jpg
左はブラックライト下で発光するペロブスカイト型量子ドット、
右は波長420nmの励起光下におけるペロブスカイト型量子ドットの発光スペクトル

富士色素は、ペロブスカイト型量子ドットを大量生産する技術を確立したと発表しています。
ディスプレイ用途に応用すると、他の量子ドットに比べてより鮮明な色を出すことができるとのこと。

≪PREVNEXT≫
プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。