FC2ブログ

「生物模倣技術」を産業化-8月に産学でNPO法人設立

日刊工業新聞より。
「生物模倣技術」を産業化-8月に産学でNPO法人設立

biomimetics_kahaku_image.jpg
国立科学博物館HPより

生物の持つ優れた機能や形状を模倣し、工学などモノづくりに応用する
バイオミメティクス生物模倣技術)に携わる大学の研究者や企業が中心となり、
特定非営利活動法人(NPO法人)「バイオミメティクス推進協議会」(仮称)を
8月に設立すると報じられています。

バイオミメティクス研究の知見を技術や製品、サービスなどに活用する
ビジネス創出のプラットフォームとするとの事で、
当初は企業20社、研究者100人ほどで事業を開始するようです。

主たる活動はバイオミメティクスに関する製品開発やコンサルティングの支援、
調査・研究になり、バイオミメティクスの啓発に向けて教育事業も行い、
研究者と企業のマッチングも手がけるとしています。
電子顕微鏡で生物の部位を写した画像データを検索できるサービスなども
会員に提供し、技術開発に役立てるそうです。

国際標準化機構(ISO)はバイオミメティクスを対象に専門委員会(TC)を設置して
標準化を進めていますが、日本でバイオミメティクスの産業化を進める産学の母体はなく、
新設のNPOが中心となって推進体制を整えるとの事です。

生物模倣と聞くとシャープの扇風機が真っ先に思い浮かびましたが、
・壁や天井を歩けるヤモリの脚をヒントにした、再利用可能な粘着テープ
・光をほとんど反射しない、蛾の目の構造を模倣した無反射フィルム(「モスアイ・フィルム」)
なども生物模倣の例になりますね。より直接的な模倣の仕方になるかと思います。

扇風機のような家電製品などに生物模倣を適用する場合は、
「どの生物の」「どういった特性を」「実際の機器にどのように適用するか」といった点において
技術者のセンスが問われるような気がします。

原理が完全に解明されていなくても形状をまねるだけで効果が現れる場合もあるようで、
面白い分野だと思っています。

関連記事
生物から学ぶ未来のテクノロジー:進展するバイオミメティクス
家電が驚くべき進化を遂げる! シャープの「生物模倣技術」とは?


生物の持つ優れた機能や形状を模倣し、工学などモノづくりに応用するバイオミメティクス(生物模倣技術)に携わる大学の研究者や企業が中心となり、特定非営利活動法人(NPO法人)「バイオミメティクス推進協議会」(仮称)を8月に設立する。バイオミメティクス研究の知見を技術や製品、サービスなどに活用するビジネス創出のプラットフォームとする。当初は企業20社、研究者100人ほどで事業を開始する。
 バイオミメティクス推進協議会の理事長は千歳科学技術大学の下村政嗣教授が就任する予定。会員には文部科学省のプロジェクトでバイオミメティクスの総合的な工学の体系づくりを行う「生物規範工学」プロジェクトに参画している研究者や、高分子学会バイオミメティクス研究会の会員らが参加する見込み。メーカーのほか商社や金融機関、コンサルティング会社などの参加も促す。
 主たる活動はバイオミメティクスに関する製品開発やコンサルティングの支援、調査・研究になり、バイオミメティクスの啓発に向けて教育事業も行う。研究者と企業のマッチングも手がける。電子顕微鏡で生物の部位を写した画像データを検索できるサービスなども会員に提供し、技術開発に役立てる。
 国際標準化機構(ISO)はバイオミメティクスを対象に専門委員会(TC)を設置して標準化を進めている。日本でバイオミメティクスの産業化を進める産学の母体はなく、新設のNPOが中心となって推進体制を整える。



小さき生物たちの大いなる新技術 (ベスト新書)小さき生物たちの大いなる新技術 (ベスト新書)
(2014/02/08)
今泉 忠明

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter