FC2ブログ

オタク文化

まずは以下の記事を。

http://tenshoku.inte.co.jp/msn/news/0358.html


インテリジェンスの業界レポート

現代のオタク層は5種類
この頃、「アキバ系」が活気づいている。ドラマ「電車男」が話題を呼び、
さらにメイドカフェ、萌えブームなどともてはやされている昨今、
オタク市場はかなりの勢いで拡大。そんななか、野村総合研究所はオタク市場を調査。
主要12分野のオタク人口を172万人、市場規模を4,110億円と推計した。

オタク市場ますます拡大
野村総合研究所(NRI)が昨年行った調査では、オタク市場規模は約2,900億円だった。
それから1年で4,110億円とは目を見張るものがある。この調査結果は10月に発表されたものだが、
NRIでは、オタクは「アキバ系」だけではないとし、
オタクの特性を分析するために芸能人(アイドル)やアニメ、コミックに加えて、
旅行、自動車、カメラ、鉄道マニアなども含めた12分野で調査を行った。

確かにひと昔前にオタクと言われた人々は、アニメやコミック好きに限定され、
一般的に「オタク=気持ち悪い」らしき図式があった。
しかし、最近では健康オタクや映画オタクなど、
オタクという響きが否定的な意味ばかりでもなくなった気がする。
何かに強いこだわりを持っていれば、○○オタクというわけだ。

NRIとしても、オタクはすべての趣味分野に存在するとの考え。
アンケートで、オタク層に共通する行動特性を抽出したところ、
他人に良さを理解してほしいと思う「共感欲求」、何でも揃えたいと感じる「収集欲求」、
オリジナル作品を作ったり、改造したりする「創作欲求」などの6つの欲求があることを明らかにした。

さらに、これらの欲求の濃淡などから、オタク層を5種類に分類した結果は以下の通りとなった。

(1)家庭持ち仮面オタク(25%)
(2)我が道を行くレガシーオタク(23%)
(3)情報高感度マルチオタク(22%)
(4)社交派強がりオタク(18%)
(5)同人女子系オタク(12%)

これらの違いは微妙なのだが、一番多い仮面オタクは組立PCやAV機器を中心にこっそりと趣味に没頭するタイプ。旅行分野にも多く、趣味を兼ねて子どもをあちこちに連れ回すお父さんが典型例としている。気になる、「アキバ系」「萌え系」は同人女子系に分類されるそう。コミックやアニメに登場するキャラクターへの愛着が強い層だ。

オタクエリートを目指せ
さて、さまざまなオタク層があることは分かったが、自分の「オタク度」は果たしてどんなものだろうか。「もしや自分もオタクかも…」なんて悶々としている人は、「全国統一オタク検定試験」なるものを受けてみてはどうだろう。

なんとオタクブームに乗って、オタク文化を扱う情報誌の誌上で開催された「全国統一オタク検定試験」。付録の問題冊子に掲載された問題を解き、解答用紙を締め切りまでに送付すると、同誌で合格者が発表される仕組みだ。第一回の出題範囲は、オタク・アニメ文化、ゲーム、秋葉原、数理、株式という5分野だった。興味本位で試験内容を見てみると、コミケ概論について答える質問などがあり、私など素人は「コミケ」の意味からつまずいてしまったのだが…。

とにかく、この冬には「オタクエリート冬号」の誌上で第二回の検定が行われるので、興味のある人はチェックしてみよう。自分がオタクでなくても、オタク市場がここまで拡大した現代、時代の流れをつかむためにも有益かもしれない?!



といった感じで、電車男の例を見るまでもなく、世間一般にだいぶ浸透してきた「オタク」ですが、アキバ系に分類される元祖「オタク」としては、逆にここまで一般化してしまうと、なんだかなあといった気持ちです。

もちろん以前のようにアニメ見てるだけで友人、女子から迫害されるのもアレですが(そういう意味では良い世の中になったもんです)、猫も杓子も「萌え」とか言われてもねぇ。

まあ記事でも言ってますが、以前から「オタク」という言葉があまりにも限定的に使われていたとは思っていました。
言葉の由来からすれば当然アニメ好きを指す言葉ではありますが、「マニア」とほぼ同じ使い方をするならば、「盆栽好き」だって「オタク」なわけで。

とはいえ皆が皆オタクだ~とか言われてしまうとなんだか悔しいのは、なんででしょうね。

元祖「オタク」の矜持なんですかね。

追加記事がこちらに有ります
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter