FC2ブログ

【液晶パネル】 中国のAMOLED過剰投資に懸念

EMSOneより。
【液晶パネル】 中国のAMOLED過剰投資に懸念

中国の経済紙にて中国系パネル各社によるアクティブマトリクス式有機EL(AMOLED)に
対する取り組みを紹介されており、その上で、中国系パネル業者の相次ぐ投資が、
生産能力の過剰を招く恐れがあるとの懸念が指摘されているようです。
過剰投資により液晶のように価格が大幅下落してしまうことが懸念されます。
中国パネル業者の投資により2015年には中国のAMOLEDの供給能力は
韓国に次いで第2位の地位につくとの予測もあります。
中国では鉄鋼業への過剰投資により稼働率が下落してしまい、
工場を強制的に閉鎖するといったこともあったようですが
このあたりは中国国内の政治的な問題も絡んでいるようです。


中国の経済紙『第一財経日報』(2014年3月12日付)は、中国系パネル各社によるアクティブマトリクス式有機EL(AMOLED)に対する取り組みを紹介。その上で、中国系パネル業者の相次ぐ投資が、生産能力の過剰を招く恐れがあるとの懸念を示した。



有機ELディスプレイ有機ELディスプレイ
(2004/08)
時任 静士、安達 千波矢 他

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter