FC2ブログ

経産省、セルロースナノファイバーの実用化ロードマップ策定-実用化前倒し視野に

日刊工業新聞より。
経産省、セルロースナノファイバーの実用化ロードマップ策定-実用化前倒し視野に

経済産業省は3月末をめどに、自動車や半導体、医薬品など幅広い産業に
応用が期待される次世代素材「セルロースナノファイバー(CNF)」の
実用化ロードマップを策定すると報じられています。
2月に産学官の検討会を立ち上げ、基本物性の確立や機能化の指標、
実用化する目標年次など詳細を詰めているそうです。
検討会には産業界の委員として王子ホールディングス日本製紙日立製作所を招聘しており
また、研究で先行する東京大学と京都大学の学識者も加わっています。

CNF_loadmap_image.png

実用化ロードマップの原案では現行の第1世代CNFは2020年頃、
機能を高めつつコストを低減する次世代CNFなどは、20年代半ば以降の実用化を想定しています。
検討会では実用化時期の前倒しを含め、さらに詳細な目標を設定する方針との事。

製品化する材料に求められる特性に応じた機能化のロードマップでは、
医薬品や細胞培養基材、フィルターといった水系用途の材料と、
車の内外装部品や建材、半導体の封止材、太陽電池や有機ELの基板などに使う
複合材料に分けて設定。
機能が発現するメカニズムの解明や、国際標準化に取り組む目標時期などを盛り込むとの事。
 一方、現状でメーカーが開発途上にあるCNF原料や機能性材料について、
原料の加工や複合材料化、部品への採用などを見据えた試作のサンプル提供と、
その評価結果をメーカーにフィードバックする仕組みを確保するそうです。

セルロースナノファイバーについては日本が強みを持つ分野であると思われますので
産学官の連携で開発が加速することが期待されます。

当ブログ関連記事
経産省、セルロースナノファイバーの国際標準化に着手
星光PMCの乗越厚生社長に注目の「セルロースナノファイバー」(CNF)の取組みを聞く
木材由来の極細繊維で透明シート 王子と三菱化学
花王、ガスバリアー性に優れたセルロース・ナノファイバー層の開発にメド
発電する紙


経済産業省は3月末をめどに、自動車や半導体、医薬品など幅広い産業に応用が期待される次世代素材「セルロースナノファイバー(CNF)」の実用化ロードマップを策定する。2月に産学官の検討会を立ち上げ、基本物性の確立や機能化の指標、実用化する目標年次など詳細を詰めている。
 検討会には産業界の委員として王子ホールディングス日本製紙日立製作所を招へい。また、研究で先行する東京大学と京都大学の学識者も加わった。
 実用化ロードマップの原案では現行の第1世代CNFは2020年頃、機能を高めつつコストを低減する次世代CNFなどは、20年代半ば以降の実用化を想定。検討会では実用化時期の前倒しを含め、さらに詳細な目標を設定する方針だ。
 製品化する材料に求められる特性に応じた機能化のロードマップでは、医薬品や細胞培養基材、フィルターといった水系用途の材料と、車の内外装部品や建材、半導体の封止材、太陽電池や有機ELの基板などに使う複合材料に分けて設定。機能が発現するメカニズムの解明や、国際標準化に取り組む目標時期などを盛り込む。
 一方、現状でメーカーが開発途上にあるCNF原料や機能性材料について、原料の加工や複合材料化、部品への採用などを見据えた試作のサンプル提供と、その評価結果をメーカーにフィードバックする仕組みを確保する。



機能性セルロース次元材料の開発と応用 (新材料・新素材シリーズ)機能性セルロース次元材料の開発と応用 (新材料・新素材シリーズ)
(2013/07)
近藤 哲男

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter