FC2ブログ

【液晶パネル】 TIANMA、上海に第5.5世代AMOLEDラインで増資

EMSOneより。
【液晶パネル】 TIANMA、上海に第5.5世代AMOLEDラインで増資

TIANMA.png

中小型パネルの中国TIANMA天馬微電子)は上海に
第5.5世代アクティブマトリクス式有機EL(AMOLED)の量産ラインを設けるため、
AMOLEDの研究・開発(R&D)と製造販売を手がける上海天馬有機発光顕示技術に
対する増資を実施することを明らかにしたと報じられています。
報道によると、中国の第5.5世代AMOLED量産ラインは、
内モンゴル自治区オルドスの中国BOE(京東方)の工場に続き中国で2番目となるとの事。
着々と中国にAMOLEDの製造ラインが出来つつあるようです。


中国メディア『IC設計製造』(2014年3月6日付)によると、中小型パネルの中国TIANMA天馬微電子)は3月4日、上海に第5.5世代アクティブマトリクス式有機EL(AMOLED)の量産ラインを設けるため、AMOLEDの研究・開発(R&D)と製造販売を手がける上海天馬有機発光顕示技術に対する増資を実施することを明らかにした。報道によると、中国の第5.5世代AMOLED量産ラインは、内モンゴル自治区オルドスの中国BOE(京東方)の工場に続き中国で2番目となる。



有機ELディスプレイ概論(第2版)―基礎から応用まで有機ELディスプレイ概論(第2版)―基礎から応用まで
(2012/12/15)
辻村隆俊

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter