東レ・NTT、着るだけで心拍数・心電波形測定できる新機能素材を開発(追記)

日刊工業新聞より。
東レ・NTT、着るだけで心拍数・心電波形測定できる新機能素材を開発

 東レとNTTは着るだけで心拍数や心電波形などの生体情報を取得できる
機能素材「hitoe」を共同で開発したと発表しています。
ナノファイバー生地に高導電性樹脂を特殊コーティングし、生体信号を高感度に検出できるとの事。
素材の価格は未定。
NTTドコモが2014年中をめどに、同素材を利用したウエアとスマートフォンなどを
活用したサービスを始める予定との事です。

toray_NTT_wearabledevice_hitoe_image.png
生体情報を取得できる機能素材「hitoe」

同素材を活用した心拍数・心電波形計測用ウエアを生体センサーとして設計。
ウエアに配線を一体化し、端末コネクターは機器の装着感が少なく着脱容易との事。
洗濯にも対応した。併せて開発した小型専用端末は心電波形をリアルタイムで
スマートフォンへ無線転送できるそうです。
運動中の負荷を測定するなどスポーツ用途を中心に商品化する予定との事。
まさにウェアラブルデバイスですね。今後の展開が注目されます。

(15/12/13追記)
CNET Japan:ドコモ、着るだけで心拍を計る素材「hitoe」のSDKを公開

Nttdocomo_toray_hitoe_SDK_image.jpg

NTTドコモは同社と東レが開発した機能素材「hitoe」向けのSDK「hitoeトランスミッターSDK」を、
サービス提供者向けに15年12月10日から提供すると発表しています。

(16/06/06追記)
日経テクノロジーオンライン:「hitoe」で運転手の眠気を検知、実証実験を開始


東レとNTTは30日、着るだけで心拍数や心電波形などの生体情報を取得できる機能素材「hitoe=写真」を共同で開発したと発表した。ナノファイバー生地に高導電性樹脂を特殊コーティングし、生体信号を高感度に検出できる。素材の価格は未定。NTTドコモが2014年中をめどに、同素材を利用したウエアとスマートフォンなどを活用したサービスを始める予定だ。
 同素材を活用した心拍数・心電波形計測用ウエアを生体センサーとして設計した。ウエアに配線を一体化し、端末コネクターは機器の装着感が少なく着脱容易だ。洗濯にも対応した。併せて開発した小型専用端末は心電波形をリアルタイムでスマートフォンへ無線転送できる。運動中の負荷を測定するなどスポーツ用途を中心に商品化する。



インターネット白書2013-2014 すべてがつながる未来へ (NextPublishing)インターネット白書2013-2014 すべてがつながる未来へ (NextPublishing)
(2014/02/19)
インターネット白書編集委員会

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter