FC2ブログ

AppleのティムクックCEO、大画面「iPhone」についての考えを語る

リンゲルブルーメンより。
AppleのティムクックCEO、大画面「iPhone」についての考えを語る

Apple_iPhone6_newimage.png

Appleのティム・クックCEOはWSJとのインタビューで、
大画面iPhoneに対する考えを語ったことが明らかになっています。
クックCEOは「我々はそれ(大画面化)をしないとは言っていない。画面の大きさを決定するには、
サイズだけでなく解像度・コントラスト・鮮明さ・信頼性など多くのパラメータがあります。
我々はディスプレイがソフトウェアのウィンドウであることを知っているので、
それらパラメータ全てを大事にしたい。その技術の準備が整うまで、
大画面化をしたくないということです。」と述べ、大画面化への考えを示しています。
Appleが売りとしている高解像度の「Retinaディスプレイ」を非常に重視していることが伺えます。

またクックCEOは「非常に重要な市場」として日本を挙げ、
日本での売り上げが同社の売上の9%を占めていることを明らかにしています。
日本のスマートフォンにおけるiPhoneの占める割合は非常に高く7割とも言われています。

Apple_iPhine_share_image.jpg
※カンター・ジャパン調べ

ある意味特殊な市場とも言えますね。

参考記事
インターネットコム
iPhone 販売シェア、日本は7割に―新たな「ガラパゴス」か、欧米と顕著な差


Appleのティム・クックCEOはWSJとのインタビューで、大画面iPhoneに対する考えを語ったことが明らかになりました。
クックCEOは「我々はそれ(大画面化)をしないとは言っていない。画面の大きさを決定するには、サイズだけでなく解像度・コントラスト・鮮明さ・信頼性など多くのパラメータがあります。我々はディスプレイがソフトウェアのウィンドウであることを知っているので、それらパラメータ全てを大事にしたい。その技術の準備が整うまで、大画面化をしたくないということです。」と述べ、大画面化への考えを示しました。
Appleが9月に発売すると予想されている「iPhone 6」は4.7インチと5.7インチの大画面ディスプレイを搭載すると噂されています。
またクックCEOは「非常に重要な市場」として日本を挙げ、日本での売り上げが同社の売上の9%を占めていることを明らかにしました。

情報元:WSJ 経由:気になる、記になる



アップルvs.グーグル: どちらが世界を支配するのかアップルvs.グーグル: どちらが世界を支配するのか
(2013/12/18)
フレッド ボーゲルスタイン

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter