FC2ブログ

京セラ、米国防省軍事規格に対応したスマートフォン「TORQUE」を日本市場で発売

リンゲルブルーメンより。
京セラ、米国防省軍事規格に対応したスマートフォン「TORQUE」を日本市場で発売l

KYOCERA_TORQUE _SKT01_image

京セラは米国国防省軍事規格に対応した高耐久性スマホ「TORQUE」を
3月に日本市場で発売すると発表しています。
ディスプレイ部を広範囲に振動させる「スマートソニックレシーバー」や
手袋をしたまま簡単に電話に出ることができる「ダイレクトボタン」、
100dB以上の大音量を実現する「ダブルスピーカー」も搭載しています。
米国では2013年3月に発売され法人向けに人気を集めた端末が、
日本市場でも3月下旬以降に投入されるとのこと。
型番はSKT01としてダイワボウ情報システム株式会社を通じて発売される予定との事です。
京セラは従来から北米市場をターゲットに製品を投入しており、売り上げの7割を海外向けが
占めるという比率になっています。
今回は同市場向けの製品が好評を博して日本市場に投入されるというケースになります。
タフネススマートフォンとしてはNECカシオモバイルコミュニケーションズの「G'z One」が
ありましたが、NECのスマホ撤退により空いたポジションを埋める形になりそうです。

当ブログ関連記事
京セラ、北米中心に機種拡大-携帯1200万台海外7割
NEC、スマホ事業撤退へ─関連技術や特許の中国Lenovoへの売却を検討


京セラは米国国防省軍事規格に対応した高耐久性スマホ「TORQUE」を3月に日本市場で発売すると発表しました。

KYOCERA TORQUE SKT01の主な仕様は以下の通り

Snapdragon S4 Pro MSM8960 1.2Ghz
4.0インチ WVGA(800x480) IPS
1.5GBのRAM
8GBのストレージ容量(microSDHC対応)
Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 4.0、NFC
LTE 2100/800Mhz、FOMA 2100Mhz/800Mhz
800万画素カメラ、130万画素カメラ
Android 4.2 JellyBean
防水防塵(IPX5/7、IP6X)、米軍規格(MIL-STD-810G)
(防水、防塵、耐衝撃、温度耐久、耐振動、塩水耐久、防湿、耐日射、低圧対応)
落下、耐振動、高温、低温、塩水など過酷な環境下での性能試験である米国国防総省軍事規格(MIL-STD-810G)および防水防塵規格(IPX5/7、IP6X)に準拠した国内初のスマートフォンとなります。

ディスプレイ部を広範囲に振動させる「スマートソニックレシーバー」や手袋をしたまま簡単に電話に出ることができる「ダイレクトボタン」、100dB以上の大音量を実現する「ダブルスピーカー」も搭載しています。

NTTドコモのネットワークを利用可能で、docomo LTE Xi(クロッシィ)やFOMAに対応し、下り最大100Mbps/上り37.5Mbpsの快適な高速通信を利用することができます。

米国では2013年3月に発売され法人向けに人気を集めた端末が、いよいよ日本市場でも3月下旬以降に投入されるとのこと。型番はSKT01としてダイワボウ情報システム株式会社を通じて発売される予定です。

情報元:京セラ



スマートフォン市場予測 (2014年最先端エレクトロニクス世界市場調査レポート=スマートフォン・タブレット端末・電子ブックリーダー市場の実態と将来)スマートフォン市場予測 (2014年最先端エレクトロニクス世界市場調査レポート=スマートフォン・タブレット端末・電子ブックリーダー市場の実態と将来)
(2014)
データラインリサーチネットワーク株式会社

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter