FC2ブログ

Samsung、Galaxy S5の金属筐体にダイヤモンド表面処理を適用か

リンゲルブルーメンより。
Samsung、Galaxy S5の金属筐体にダイヤモンド表面処理を適用か

samsung_galaxys5_DLC_image.png

Samsungが「Galaxy S5」の金属筐体にダイヤモンド表面処理技術を適用すると報じられています。
金属筐体の表面を炭素系の材料でコーティングし、熱や圧力を加えてダイヤモンド質に変質させることで、
メタルボディの弱点とされている「傷」への耐性を高めることができるとのこと。
Samsungは同技術の開発を進めており、次期フラグシップのGalaxy S5に適用する可能性が高いとのことです。

炭素系の表面処理ということですが、いわゆるダイヤモンドライクカーボン(DLC)なのでしょうか?
DLCは例えばG-SHOCKの表面コーティングなどにも使われていますね。

関連記事
Tech-on:ダイヤモンドライクカーボン(DLC)とは
Wikipedia:ダイヤモンドライクカーボン
ナノテック株式会社:DLC ダイヤモンドライクカーボン

当ブログ関連記事
シチズン、硬さ2倍で“キズ防ぐ”金属被膜技術を開発

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
Samsungが次期フラグシップスマホ「Galaxy S5」の金属筐体に、ダイヤモンド表面処理技術を適用すると
韓国メディアが報じました。
金属筐体の表面を炭素系の材料でコーティングし、熱や圧力を加えてダイヤモンド質に変質させることで、
メタルボディの弱点とされている「傷」への耐性を高めることができるとのこと。
Samsungは同技術の開発を進めており、次期フラグシップのGalaxy S5に適用する可能性が高いとのこと。
SamsungはGalaxy S5にこれまでスマホへの採用を見送ってきた金属筐体技術を採用すると伝えられています。
Samsungは中国スマホメーカーの追い上げに対し、継続した技術革新で対抗する方針と
韓国メディアは付け加えました。

情報元:ETNews
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

高機能化のためのDLC成膜技術高機能化のためのDLC成膜技術
(2007/09)


商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter