Nokia、Android端末の開発を中断しウェアラブル端末に注力─中国

リンゲルブルーメンより。
Nokia、Android端末の開発を中断しウェアラブル端末に注力─中国筋


microsoft-nokia_logo.jpg


NokiaがAndroidベースの端末の開発を中断しウェアラブル端末に注力していることが
明らかになったと報じられています。
Nokiaはスマートフォン「Normandy」やSnapdragon 400を搭載した7インチタブレットなど、
複数のAndroidベースの端末の開発に取り組んでいましたが、
Microsoftに携帯部門が買収されてからは同計画は棚上げされているとのこと。
その代わりにスマートウォッチやスマート眼鏡などの「ウェアラブルデバイス」の開発に注力しており、
特にスマート眼鏡は2015年に製品が発売される可能性もあると伝えられています。

一方でMicrosoftは1000億円を投じてサムスンにWindowsPhoneの開発を要請している模様です。

Microsoftはスマートフォン市場で存在感のあるサムスンにWindows端末を開発させ、
Nokiaにはウェアラブル端末に注力させるという2面作戦の方針で動いているようです。

関連記事:
リンゲルブルーメン
Microsoft、Windows Phoneの開発継続を条件にサムスンに1000億円を支援

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
NokiaがAndroidベースの端末の開発を中断しウェアラブル端末に注力していることが明らかになったとC-Techが報じました。
情報元によると、Nokiaはスマートフォン「Normandy」やSnapdragon 400を搭載した7インチタブレットなど、複数のAndroidベースの端末の開発に取り組んでいましたが、Microsoftに携帯部門が買収されてからは同計画は棚上げされているとのこと。
その代わりにスマートウォッチやスマート眼鏡などの「ウェアラブルデバイス」の開発に注力しており、特にスマート眼鏡は2015年に製品が発売される可能性もあると伝えられています。
Microsoftに買収されたNokiaが2014年にAndroid端末を発売するとは考えにくく、今回の情報は筋が通っています。

情報元:C-Tech
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

パーソナル・ヘルスケア―ユビキタス、ウェアラブル医療実現に向けたエレクトロニクス研究最前線パーソナル・ヘルスケア―ユビキタス、ウェアラブル医療実現に向けたエレクトロニクス研究最前線
(2013/10/23)


商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter