FC2ブログ

【液晶パネル】 タブレット用タッチパネル供給で台湾が大幅に後退 アップル受注流出響く

EMSOneより。
【液晶パネル】 タブレット用タッチパネル供給で台湾が大幅に後退 アップル受注流出響く

調査会社DIGITIMES ResearchはタブレットPC用(11型未満)タッチパネルのレポートで、
台湾系業者による出荷が2013年、前年比33.6%減と大幅な落ち込みを見せるとの見方を明らかにしています。
中国系の台頭や、米アップルApple)が新型タブレット「iPad Air」で日系の日本写真印刷(Nissha)の
両面薄膜式技術(DITO film or GF2)を新たに採用するなど、台湾系からのシフトが相次いだことを
理由に挙げているとの事。
台湾系メーカーは中国系の台頭で価格競争に巻き込まれ、一方でNISSHAはフィルムの両面に
それぞれXYのセンサーパターンを配置した両面薄膜式タッチパネルDITO/GF2)で
アップルに食い込んでいるようです。

当ブログ関連記事
【液晶パネル】 アップル、iPhone 6でIn Cell型放棄か NisshaとTPK受注の観測浮上
【EMS/ODM】 日本写真印刷、スマホ筐体で台湾AVYと協力
【液晶パネル】 日本写真印刷、9.7型用薄膜タッチパネル受注をJTOUCHにシフトか

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
調査会社DIGITIMES Researchは2013年12月12日に公表したタブレットPC用(11型未満)タッチパネルのレポートで、台湾系業者による出荷が2013年、前年比33.6%減と大幅な落ち込みを見せるとの見方を明らかにした。中国系の台頭や、米アップルApple)が新型タブレット「iPad Air」で日系の日本写真印刷(Nissha)の両面薄膜式技術(DITO film or GF2)を新たに採用するなど、台湾系からのシフトが相次いだことを理由に挙げている。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

透明導電膜の新展開 4 多様な材料・形成技術の可能性 (エレクトロニクスシリーズ)透明導電膜の新展開 4 多様な材料・形成技術の可能性 (エレクトロニクスシリーズ)
(2013/01)
南内嗣

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter