FC2ブログ

転換点となったG-SHOCK、カシオはスマートウオッチを作るのか――増田裕一さん

誠Styleより。
転換点となったG-SHOCK、カシオはスマートウオッチを作るのか――増田裕一さん

casio_g-shock_bluetooth_image.jpg

カシオG-SHOCKと言えば言わずと知れた人気時計ブランドです。
初代G-SHOCKから関わり、現在は時計事業部長の増田氏のインタビュー記事ですが、
記事中に現在注目されているスマートウォッチについての話が出ており、これが非常に印象的でした。
曰く、Samsungの「GalaxyGear」やSonyの「SmartWatch」は「リストデバイス」であって、
「リストウォッチ」ではないとの事。
ではその二つの違いは何であるのかというと
・リストウオッチは一年中いつでもつけていられる物
・リストデバイスはある目的を持ってつける物
と述べておられます。

その上でG-SHOCKが目指しているものは「リストウォッチ」であり、その為には例えば充電などの煩わしい作業が
ないようにすることや、「人と違うモノ」であることに拘るという点を挙げています。
長く時計事業に携わっておられる方の意見ですが、ウェアラブルデバイスというものを考えるうえで
示唆に富んだ意見だなと感じました。

そういう意味では今実現できる機能を詰め込んだ総花的なものよりも、
先日取り上げた「妊婦用スマートウォッチ」など、特定の目的に特化したものが実は
ことスマートウォッチ(腕時計形状のデバイス)においては進化の方向性なのではないかという気がしています。
逆にウェアラブルデバイスという括りではもっと自由な形をしたものがあってもいいと思いますし、
例えばSonyのカツラ型のデバイスなどもそういった従来の「身に着ける機器」というイメージの括りから
抜け出した形状であり、ウェアラブルデバイスのもう一つの方向性ではないかと思います。

当ブログ関連記事
中国企業、妊娠中の女性のための「スマートウォッチ」を発売
Sonyが「スマートカツラ」の特許を出願


以下増田氏のコメントを一部引用します。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
増田: 最近サムスン電子が出した「GALAXY Gear」とか、ソニーの「SmartWatch」とか、みんなあれをスマートウオッチと呼んでいますね。でも僕は、あれはスマートウオッチではなく「リストデバイス」だと思っているんです。でも、われわれが作っているのは「リストウオッチ」です。まずここが大きく違う。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
増田: 一番大きな違いは、リストウオッチは一年中、いつでも、常に着けていられるということです。逆に、リストデバイスというのはある目的を持って着けるものなんですね。だから充電して使う。
充電してでも使いたい目的があるから使うわけです。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
リストウオッチとリストデバイス、世の中では食い合うと言われますが、食い合わないんです。競争するんです。リストデバイスがどんどん出てきても、リストウオッチはリストウオッチできちんとやっていけばいい。リストデバイスがきっかけで、目的をもって何かを腕に着ける、という人が増えて、買う人も出てくればそれはいいことです。普段(リストデバイスを)ずっと着けているかというと、たぶんそうじゃない。毎日充電しないといけないですからね。その人の目的に応じて使うものだと思います。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 一方で、腕時計という普段着けているファッショナブルなものが、通信機能を持って他のものとつながるようになってきている。それがカシオがやっているBluetooth(対応G-SHOCK)です。われわれのコンセプトは、あくまでもベースがリストウオッチなんですね。絶対に崩せないコンセプトとして、まずお客さんが煩わしいと思うような充電はさせないこと。あくまでもファッショナブルであること。
そこは崩せないところです。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
あともう一つ、リストウオッチの重要なポイントとして「人の目に触れるものだから、(身の回りの人と)同じモノを着けるのは抵抗があるはず」というのがあります。上着が同じとか、ネクタイが同じとか、嫌でしょう? GALAXY GearもSmart Watchも、そういう観点はないですよね。Appleが出すかもしれないiWatchもおそらくそうでしょう。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
実際僕もスマートウオッチについては、いろんな人に、いろんなことを言われています。外から食われるよ、とかね。でも、iWatchに至ってはまだ出てすらいないのに、そんなの心配したってしょうがないでしょ。Appleはあれだけのイノベーションを起こしている会社ですから、Appleが何かやるとなったらそれなりのものはでてくるのだろうと思います。何をやってくるかは分からないけど、でもきっとiWatchは、われわれのやっていること(リストウオッチ)とは違うと思うんです。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

G-SHOCK ジーショック 腕時計  GB-6900B-1BJF  ブラック  アナログ時計 デジタル時計  CASIO カシオ  メンズ  【メール便不可】【火曜日発送不可】G-SHOCK ジーショック 腕時計  GB-6900B-1BJF  ブラック  アナログ時計 デジタル時計  CASIO カシオ  メンズ

G-SHOCK(ジーショック)

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

- とおりすがり - 2015年09月14日 22:09:15

いよいよカシオも、“腕時計”ではなく“リストデバイス”としてのスマートウォッチに本格的に取り組むみたいですね。来年一月のCESで発表予定とかで、今から楽しみです。
今アップルとかのスマートウォッチって正直言って殆ど興味沸きませんけど、それはこれらの製品が「腕時計」って感じじゃなしに「腕時計型スマートフォン」って感じのデバイスだからですね。カシオさんはあくまでも「腕時計サイズスマートフォン」じゃなしに、ちゃんと『腕時計』としてのスマートフォンとして、他社との差別化をされるとかで。
果たして消費者の期待通りの製品を出してくれるかどうか… 来年が待ち遠しいです!!

Re: タイトルなし - miyabi - 2015年10月19日 01:16:31

コメントありがとうございます。

返信が遅くなり申し訳ありません。
コメントいただいたように「腕時計」としていかに魅力的なものとできるかについて
気になるところですね。

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter