FC2ブログ

Apple、リキッドメタル(液体金属)を用いた3Dプリント技術の特許を出願─スマホに適用

Appleリキッドメタル(液体金属)を用いた3Dプリント技術の特許を出願─スマホに適用

apple_liquidmetal_patent.png


Appleリキッドメタル(液体金属)を用いた「3Dプリント技術」の特許を出願したことが
明らかになっています。特許5件が出願されていたとのことです。
リキッドメタルの3Dプリント技術でどのようにスマートフォン・タブレットの筐体を製造するのかについての
特許で、将来iPhoneの筐体にリキッドメタルの3Dプリント技術が採用される可能性が
示唆された形となっています。

リキッドメタルは金属元素を主成分とする非結晶性の合金で、
ガラス転移が明確に観察されるアモルファス金属で、結晶化する前にガラス転移点を持つために
鋳造などの方法で加工が可能なことが特徴です。
製品への応用事例はまだ少ないようですが、ゴルフのヘッドや精密部品などに用いられているようです。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
Appleリキッドメタル(液体金属)を用いた「3Dプリント技術」の特許を出願したことが明らかになりました。

特許5件が出願されていたとのこと。

リキッドメタルの3Dプリント技術でどのようにスマートフォン・タブレットの筐体を製造するのかについての特許で、将来iPhoneの筐体にリキッドメタルの3Dプリント技術が採用される可能性が示唆された形です。

リキッドメタルはガリウムやインジウムなどの金属を混合させた合金で、加工がしやすく、複雑な形状を実現でき、耐衝撃も高いという特性を持ちます。

iPhoneにリキッドメタルが採用されるとの噂は以前よりありましたが、Appleも確かに技術開発を進めていたようですね。2014年に登場する「iPhone 6」に同技術が適用されるのかもしれません。

情報元:CNET
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
基礎から学ぶ金属材料基礎から学ぶ金属材料
(2012/03/05)
小原 嗣朗

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter