FC2ブログ

関東学院大、透過率と導電性両立した透明電極材料を開発

日刊工業新聞より。
関東学院大、透過率と導電性両立した透明電極材料を開発

関東学院大学本間英夫名誉教授らは、高い透過率と導電性を両立させた新たな透明電極材料を
開発したと発表しています。
無電解のメッキ技術を活用し、銅パターンの幅を0.4μmに微細化することに成功し、
透過率90%、抵抗値0.5Ωを達成したとの事です。
0.4μmは凄いですね。メッキ技術の応用との事で、スループットがどの程度になるのかが気になります。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
 関東学院大学本間英夫名誉教授らは、高い透過率と導電性を両立させた新たな透明電極材料を開発した。無電解のメッキ技術を活用し、銅パターンの幅を0・4マイクロメートルに微細化することに成功。透過率90%、抵抗値0・5オームを達成した。透明電極は主にタッチパネルに使用される。
高感度で高精細な大型スクリーンの製品化につながる。
 樹脂などの絶縁材料や複雑形状の部品に金属を施せる無電解のメッキ技術を応用した。
メッキを成長させることでパターンを形成(配線)する。
 低抵抗性能に優れる銅パターンを微細形成するため、透過率と導電性能が高い。タッチパネルに一般的に使用されているインジウム・スズ酸化物(ITO)電極に比べて抵抗値は約200分の1となる。また、レアメタルのインジウムが不要。
 既存の設備でパターンニングできることから、真空装置を用いるITOのスパッタリング加工よりも製造コストを抑えられる。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

図解入門 よくわかる最新めっきの基本と仕組み―基礎から複合技術まで、メッキのイロハを学ぶ (How‐nual Visual Guide Book)図解入門 よくわかる最新めっきの基本と仕組み―基礎から複合技術まで、メッキのイロハを学ぶ (How‐nual Visual Guide Book)
(2008/07)
土井 正

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter