FC2ブログ

「LG G Flex」は本体も曲げられる真のフレキシブルスマホであることが判明【VIDEO】

リンゲルブルーメンより。
「LG G Flex」は本体も曲げられる真のフレキシブルスマホであることが判明【VIDEO】

LG_G flex_flexible

曲面ディスプレイ搭載のLG製スマートフォン「LG G Flex」は、ディスプレイだけでなく本体もフレキシブルであることが明らかになりました。
動画では、上から手で押さえつけると、スマートフォンの本体も平らに変形する事が伺えます。
ディスプレイが湾曲しているだけでなく、本体自体も曲がる正真正銘のフレキシブルスマートフォンで
あるようです。
ガラスでも薄ければある程度の曲げには対応できると思いますのでガラスが不使用であるとの
断言はできませんが、バッテリー側や基板側がどうなっているのか気になりますね。
LGChemはカーブドバッテリーなどのモバイル向けバッテリーを発表していますが、
これらの技術が用いられているのでしょうか。






「LG G Flex」は日本と米国の通信キャリア向けの発売を検討しているほか、G Flexをシリーズ化して、
後継機を毎年発売する計画と伝えられています。

関連記事
リンゲルブルーメン
LG電子、曲面スマホ「LG G Flex」を11月12日に韓国で発売─グローバル展開も
LG電子、曲面スマホ「LG G Flex」日本発売を検討中─後継機を毎年発売へ

当ブログ関連記事
曲面スマートフォン「LG G Flex」を発表!─6インチHD、S800、3500mAh電池搭載
LG、次のモバイルを実現する「カーブド電池」など3種の新型バッテリーを発表

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
曲面ディスプレイ搭載のLG製スマートフォン「LG G Flex」は、ディスプレイだけでなく本体もフレキシブルであることが明らかになりました。

■LG G Flexの主な仕様は以下の通りです

Snapdragon 800 MSM8974 2.3Ghz クアッドコア
6インチ HD(1280x720) フレキシブルOLED
2GBのRAM LPDDR3
32GBのストレージ容量(microSD非対応)
1300万画素カメラ 210万画素カメラ
Wi-FI a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.0、NFC、Hi-Fi Audio
LTE-A/LTE/HSPA+/GSM
3500mAhのバッテリー容量(一体型)
160.5 x 81.6 x 7.9〜8.7 mm 177g
Android 4.2.2 JellyBean
本日11月5日に韓国で実機が公開され明らかになりました。

動画では、上から手で押さえつけると、スマートフォンの本体も平らに変形する事が伺えます。ディスプレイが湾曲しているだけでなく、本体自体も曲がる正真正銘のフレキシブルスマートフォンであるようです。

つまりディスプレイにはガラスは採用されていないことになります。LG G Flexは傷を自己修復する素材が採用されていると伝えられており、画面が傷つきやすいプラスチックだとしても、傷は自動で修復されるのかもしれませんね。スマホの落下時に衝撃を吸収してくれるメリットもありそうです。

LG G Flexは韓国で11月12日に発売される予定です。

情報元:Engadget
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

最先端電池と材料 (最先端材料システムOne Point 5)最先端電池と材料 (最先端材料システムOne Point 5)
(2012/07/24)
高分子学会

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter