FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新成膜技術を開発 世界初大型タッチパネルへ応用も ロック技研工業(八街市)

ちばとぴより。
新成膜技術を開発 世界初大型タッチパネルへ応用も ロック技研工業(八街市)

rock-giken_sputter.png
世界初のフィルム成膜技術を確立したロック技研工業の実験設備=八街市八街ろ

印刷機や真空蒸着機を製造する中小機械メーカー、ロック技研工業は、スマートフォンなどの
タッチパネルに使うフィルムの新しい成膜技術を開発したと報じられています。


記事を読む限りITO成膜技術の応用でトレードオフとなる「抵抗値」と「透過率」を両立して
向上させる事が出来たという事ですが、詳細が気になるところです。

当ブログ関連記事
ロック技研、非結晶の透明導電膜を樹脂フィルムに成膜する装置開発






印刷機や真空蒸着機を製造する中小機械メーカー、ロック技研工業(八街市、岩永淳一社長)は、スマートフォン(多機能携帯電話)などのタッチパネルに使うフィルムの新しい成膜技術を開発した。
透明度を上げながら電流を流れやすくする世界初の技術で、従来技術では難しかった大型タッチパネルへの応用が可能となる。今後、新技術に対応した成膜機械の開発に乗り出し、技術の世界展開を目指す。
タッチパネルは表面フィルムに施された膜に微弱な電流が流れており、指で触ることで電流の流れが変化し動きを検知する。画面が大きくなると膜に流れる電流にムラができ
誤作動を起こしやすい。電流のムラをなくし大画面に対応するには膜を厚くする必要があるが、透明度が下がり画面が見づらくなる。
こうした問題を解決するのが、同社が開発した新成膜技術。一般的な「ITO成膜技術」を発展させ、薄い膜で透明度を向上させながら、従来以上の電流の流れやすさを実現。その結果、従来技術では難しかった42インチクラスの大型タッチパネルに応用した場合でも、快適な操作性を確保できるという。
既に海外メーカーから問い合わせもあり、11月には中国の展示会で技術を発表する予定だ。



透明導電膜の技術透明導電膜の技術
(2006/12)
日本学術振興会透明酸化物光電子材料第166委員会

商品詳細を見る
透明導電膜について理論の基礎から応用まで幅広くカバーしている一冊。
メインはITOなどの無機膜の材料・スパッタ方法・ドライ/ウェットエッチング技術に関してが
記載されています。透明導電膜はとかく応用分野へ注目が集まりがちな分野ですが、
基礎から勉強しなおしたい、新しく勉強したいという方には適切な一冊だと思います。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。