FC2ブログ

RGBに白を加えて低消費電力化、ジャパンディスプレイが5型フルHD液晶パネルを量産開始

Tech-onより。
RGBに白を加えて低消費電力化、ジャパンディスプレイが5型フルHD液晶パネルを量産開始

JDI_WhiteMagic_MP.jpg
RGBに白のサブピクセルを加えて低消費電力化した、ジャパンディスプレイの5型フルHD液晶パネル

 ジャパンディスプレイは、画素配列を工夫して低消費電力化を図った5型フルHD液晶パネルの
量産を開始したと発表しています。2013年10月10日にNTTドコモが発表した富士通製のスマートフォン
「ARROWS NX F-01F」(10月24日発売予定)に採用されているとの事です。
SID2013でも展示されていた「WhiteMagic」ですが、搭載品が市場に出てきました。
6月に稼働開始した茂原のG6ラインをはじめ、各ラインで生産できるようになっているようです。

JDIニュースリリース
高輝度高精細省電力液晶モジュール「WhiteMagic」5.0型Full-HD量産開始

関連記事
リンゲルブルーメン
JDI、5インチFHD解像度の「WhiteMagic液晶」量産開始を正式発表

当ブログ関連記事
【SID】スマホ、タブレット、車載――多様化する市場への技術対応力をアピールしたジャパンディスプレイ
JDI、茂原工場で第6世代LTPS液晶量産開始

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
 ジャパンディスプレイは、画素配列を工夫して低消費電力化を図った5型フルHD液晶パネルの量産を開始したと発表した。
2013年10月10日にNTTドコモが発表した富士通製のスマートフォン「ARROWS NX F-01F」(10月24日発売予定)に採用されている。

 現在主流の液晶パネルは、1画素を赤、緑、青(RGB)の3色のサブピクセルによって構成している。ジャパンディスプレイはこれに白(W)のサブピクセルを加えることで、液晶パネルの低消費電力化を実現した。同社はこの技術を「WhiteMagic」と呼んでいる。

 同社は、2013年6月に稼働を開始した第6世代の新ラインをはじめ、各ラインでWhiteMagic技術を採用した液晶パネルの生産体制を整えている。これまでVGA(640×480画素)、qHD(540×960画素)、HD720(720×1280画素)などの液晶パネルにこの技術を採用してきたが、今回フルHD(1080×1920画素)にもラインアップを拡充したことで、今後はスマートフォンの高精細機種など、幅広い用途に対応していくとしている。

 なお、同社はこのWhiteMagic技術を搭載した5型フルHD液晶パネルを、2013年10月23~25日にパシフィコ横浜で開催される「FPD International 2013」に出展する。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

カラーTFT液晶ディスプレイカラーTFT液晶ディスプレイ
(2005/10)
山崎 照彦、川上 英昭 他

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter