FC2ブログ

アモルファス金属酸化物の構造に単純な秩序-産総研が発見

日刊工業新聞より。
アモルファス金属酸化物の構造に単純な秩序-産総研が発見

HfO2_amo_stracture.png

 産業技術総合研究所は、トランジスタやメモリーの絶縁膜、太陽電池の透明電極などに使われる
アモルファス金属酸化物の構造に、単純な秩序があることを見いだしたと発表しています。
アモルファスの構造というと結晶と異なり無秩序な構造となっているイメージがありましたが
金属と酸素を別々に考えることでそれぞれに共通の単純な秩序があるとの事です。

産業技術総合研究所プレスリリース
アモルファス金属酸化物の構造に単純な秩序があることを提案l

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
 産業技術総合研究所は30日、トランジスタやメモリーの絶縁膜、太陽電池の透明電極などに使われるアモルファス金属酸化物の構造に、単純な秩序があることを見いだしたと発表した。電子デバイスの材料設計における有用な指針となる。
 非平衡材料シミュレーショングループの西尾憲吾主任研究員、中村恒夫主任研究員、宮崎剛英研究グループ長は、金属原子と酸素原子の配列を別々に解析することでアモルファス金属酸化物は金属と酸素がそれぞれ
球のランダムな充填構造を形成し、両者が組み合わさってできていることを発見した。幾何学に基づく考察と第一原理計算から算出して予測した。
 アモルファス金属酸化物には金属の種類や、金属と酸素の比率によらない共通の原子配列があることが分かった。これにより、従来以上の高い精度でアモルファス金属酸化物の構造がモデリングできるようになり、電子デバイス材料の設計における精度のバラつきが抑えられるようになる。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

アモルファス薄膜の評価 (表面・薄膜分子設計シリーズ 8)アモルファス薄膜の評価 (表面・薄膜分子設計シリーズ 8)
(1989/09/01)
井村 健

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter