FC2ブログ

【液晶パネル】 タッチパネルの台湾Mutto、中国工場売却で市場撤退へ 中国系台頭で経営悪化

EMSOneより。
【液晶パネル】 タッチパネルの台湾Mutto、中国工場売却で市場撤退へ 中国系台頭で経営悪化


タッチパネル中堅の台湾Mutto(牧東)は、中国江蘇省の蘇州工場の生産設備と関連業務を
売却すると表明しています。
蘇州工場がMuttoの主力工場であることから、事実上、同社がタッチパネル市場から撤退することを
示すものだとみられます。当ブログでも記事にしていますがタッチパネル業界では中国系メーカーの台頭に
よって競争が激化しており、Muttoは台湾系主力メーカーとして、市場からの撤退第一号となった形です。

mutto_logo.gif
http://www.mutto-optronics.com/news/index.asp


当ブログ関連記事
【液晶パネル】 台湾タッチパネル業者で人員削減の動き TPKとCando ノート用不調で
【液晶パネル】 タッチパネルで台湾系の地盤沈下が顕著に 専門家が指摘
【液晶パネル】 台湾系タッチパネル主要5社の13年7月業績 中国の在庫調整で低迷
2013 Q2からQ3にかけてのタッチパネル市場動向
【液晶パネル】 タッチパネルで中国系が低価格で攻勢 台湾業者「受注獲得の効果薄い」

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
タッチパネル中堅の台湾Mutto(牧東)は9月24日、中国江蘇省の蘇州工場の生産設備と関連業務を売却すると表明した。台湾の経済紙『工商時報』(9月25日付)は、蘇州工場がMuttoの主力工場であることから、事実上、同社がタッチパネル市場から撤退することを示すものだとしている。タッチパネル業界では中国系の台頭による競争の激化により、業界最大手の台湾TPK(勝華)など台湾系の地盤地下が言われ始めている。こうした中、Muttoは台湾系主力メーカーとして、市場からの撤退第一号になった。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

タッチパネル−技術開発・市場・アプリケーションの動向−タッチパネル−技術開発・市場・アプリケーションの動向−
(2012/10/26)
西野 利晴、西川 武士 他

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter