FC2ブログ

【携帯】 iPhone 5s・5c、年内出荷は4900万台か パネル供給はシャープ・JDI・LGD

EMSOneより。
【携帯】 iPhone 5s・5c、年内出荷は4900万台か パネル供給はシャープ・JDI・LGD

iPhone5s5c.png

台湾の市場関係者の話として、EMS(電子機器受託生産)大手の台湾フォックスコンなど台湾系受託生産業者から
アップルApple)に対するスマートフォン「iPhone 5s」「iPhone 5c」の供給台数が、
13年末までに4900万台に上ると報じられています。
パネルについてはiPhone5sでシャープ(Sharp)が70%で、残りを韓国LGディスプレイ(LGD)と
ジャパンディスプレイ(JDI)が分け合ったとの事。
13年第4四半期については、2000万枚を見込んでいるそうです。
これに対してiPhone 5c用パネルについては、JDIが5割強で第一サプライヤーだと指摘されており、
残りの大半をシャープが受注したが、LGDもごく少量を供給するとしています。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
台湾の経済紙『工商時報』(9月16日付)は、台湾の市場関係者の話として、EMS(電子機器受託生産)大手の台湾フォックスコン(FOXCONN=鴻海精密=ホンハイ)など台湾系受託生産業者から米アップルApple)に対するスマートフォン「iPhone 5s」「iPhone 5c」の供給台数が、13年末までに4900万台に上ると報じた。

同紙によると、4900万台の内訳は、新型旗艦モデルの「iPhone 5s」が2500万台、廉価版「iPhone 5c」が2400万台。さらに、「iPhone 5」「iPhone 4S」も合わせて600万台、供給されるとの見通しを示した。

同紙はまた、新型iPhoneの予約台数について、英国、米国、中国で予想を上回るペースで推移していると報じている。

一方、『SOHU』(捜狐)など9月16日付の中国のネットメディアが報じたところによると、調査会社DigitimesResearchはアップルサプライチェーンの話として、iPhone 5s用パネルの出荷が2013年第3四半期、1000万〜1500万枚に上ったと報じた。

報道によると、出荷の内訳は、シャープ(Sharp)が70%で、残りを韓国LGディスプレイ(LGD)がとジャパンディスプレイ(JDI)が分け合ったという。13年第4四半期については、2000万枚を見込んでいる。

これに対してiPhone 5c用パネルについては、JDIが5割強で第一サプライヤーだと指摘。残りの大半をシャープが受注したが、LGDもごく少量を供給するとしている。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
【国内正規品】SPIGEN SGP iPhone5/5S/5C シュタインハイル GLAS.t R スリム リアル スクリーン プロテクター(背面保護フィルム同梱)【SGP10111】【国内正規品】SPIGEN SGP iPhone5/5S/5C シュタインハイル GLAS.t R スリム リアル スクリーン プロテクター(背面保護フィルム同梱)【SGP10111】

SPIGEN SGP

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter