FC2ブログ

インキュベーション・アライアンス、「グラフェン被覆炭素繊維」を開発

日刊工業新聞より。
インキュベーション・アライアンス、「グラフェン被覆炭素繊維」を開発

インキュベーション・アライアンスは、炭素繊維の全表面にグラフェンを成長させた
グラフェン被覆炭素繊維」を開発したと発表しています。
製法としては独自の高速化学気相成長(CVD)法で半焼き状態の樹脂有機物を
炭化する際に発生する水素などを原料にグラフェンを繊維表面に立体的に成長させたとのことです。
 直径1マイクロ―50マイクロメートル、グラフェンの厚さ1ナノ―2ナノメートルの繊維が数時間で作れ、
月産1キログラムが可能との事。これが多いのか少ないのかちょっとイメージが湧いていませんが…。

株式会社インキュベーションアライアンス
http://www.incu-alliance.co.jp/index.html

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
 【神戸】インキュベーション・アライアンス(神戸市兵庫区、村松一生社長、078・651・1332)は、炭素繊維の全表面にグラフェンを成長させた「グラフェン被覆炭素繊維」を開発した。軽量で高強度の炭素繊維に高電気伝導性や触媒活性などの特性を加えた。今後、鬼塚硝子(東京都青梅市、鬼塚好弘社長、0428・31・4305)と共同で2014年4月をめどに電界放出デバイスの商品化を図る。

インキュベーションアライアンス グラフェン被膜炭素繊維

グラフェンの厚さ1ナノ-2ナノメートルの繊維が数時間で作れる
 グラフェン被覆炭素繊維は独自の高速化学気相成長(CVD)法で半焼き状態の樹脂有機物を炭化する際に発生する水素などを原料に
グラフェンを繊維表面に立体的に成長させた。

 直径1マイクロ―50マイクロメートル、グラフェンの厚さ1ナノ―2ナノメートルの繊維が数時間で作れ、月産1キログラムが可能。鬼塚硝子が同繊維を陰極としてX線管を試作したところ、消費電力は20―30%低減し、電子放出の安定性は60%の改善が確認できたという。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

カーボンナノチューブ・グラフェンハンドブックカーボンナノチューブ・グラフェンハンドブック
(2011/08/19)
フラーレン・ナノチューブ・グラフェン学会

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter