FC2ブログ

【液晶パネル】 iPad第5世代のタッチパネル、鴻海傘下のGISが半数受注 TPKの脅威に

EMSOneより。
【液晶パネル】 iPad第5世代のタッチパネル、鴻海傘下のGISが半数受注 TPKの脅威に

ipad5.png

台湾フォックスコン(FOXCONN=鴻海精密=ホンハイ)傘下でタッチパネル
GIS(General Interface Solution、英特盛)が、米アップルApple)の9.7型タブレットPC
「iPad」の次世代モデル(第5世代)で、タッチパネルの5割を受注した模様だと報じられています。
同社の直近の営業収益は営業収益は単月100億NTドル(1NTドル=約3.3円)前後で、
2013年7月に93億8400万NTドルだったTPKとほぼ同じ程度にまで拡大しているとのこと。
やはりアップル向け製品の影響は大きいようです。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
EMS(電子機器受託生産)世界最大手、台湾フォックスコン(FOXCONN=鴻海精密=ホンハイ)傘下でタッチパネルGIS(General Interface Solution、英特盛)が、米アップルApple)の9.7型タブレットPC「iPad」の次世代モデル(第5世代)で、タッチパネルの5割を受注した模様だ。台湾の日刊紙『聯合報』(9月4日付)が報じたもので、iPad用タッチパネルの受注比率は最大手の台湾TPK(宸鴻)と完全に肩を並べるところにまで来た。

聯合報によると、TPKはアップルに対する過度な依存を避けるため過去2年にわたって新規顧客の開拓に注力。結果、顧客の数は直近で40社強に上ったが、それでもなお、最大の大口顧客がアップルであることに変わりはないという。それだけに、フォクスコン系のGISがiPad向けで、これまでの2〜3割から第5世代では5割にまで供給比率を引き上げてきたことは、TPKにとって大きな脅威になる。

同紙の伝えた台湾系のあるタッチパネル供給チェーンによると、GISの顧客にはアップルのほか、フィンランド・ノキア(Nokia)、米アマゾン(Amazon)、中国レノボ(Lenovo=聯想)、中国HUAWEI(華為)、米デル(Dell)、米HP(ヒューレット・パッカード)がいる。直近の営業収益は単月100億NTドル(1NTドル=約3.3円)前後で、2013年7月に93億8400万NTドルだったTPKとほぼ同じ程度にまで拡大している。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
iPad mini 16GB Wi-Fiモデル ブラック&スレート MD528J/AiPad mini 16GB Wi-Fiモデル ブラック&スレート MD528J/A

アップル

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter