FC2ブログ

産総研、ナノレベルで金型成形できるゴム材料開発-CNT混合、変形抑制

日刊工業新聞より。
産総研、ナノレベルで金型成形できるゴム材料開発-CNT混合、変形抑制

産業技術総合研究所は数百ナノメートルレベルの精度で金型成形できるゴム材料を開発したと発表しています。
フッ素ゴムに直径1ナノメートルほどの筒状炭素構造物であるCNTを混ぜ込んだもののようです。
ゴム中に分散したCNTが支柱の役割を果たし、成形後の変形を抑えることができ、
また導電性や熱伝導性も維持できるとの事です。
産総研は最近CNT関連でのリリースが多い印象ですね。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
 産業技術総合研究所は数百ナノメートルレベルの精度で金型成形できるゴム材料を開発した。
原料のゴムにカーボンナノチューブ(CNT)を混ぜ込んだ。自在に表面加工でき、ぬれ性や密着性、光学特性を制御した高性能ゴムへの応用が見込める。CNTの特徴である導電性や熱伝導性も維持できる。
用途探索や量産プロセスの開発を進め、3―5年後の供給を目指す。
 フッ素ゴムに直径1ナノメートルほどの筒状炭素構造物であるCNTを加えた。
ゴム中に分散したCNTが支柱の役割を果たし、成形後の変形を抑える。ゴム重量に対して1―2%のCNTを混ぜ込めば、高精密に成形加工できることを確認した。またニトリルゴムやアクリルゴムといった他のゴム材料にも応用できる。
通常のゴムは軟らかく成形後に縮んでしまうため、微細加工できないというのが一般的だった。
 有機溶媒に分散したCNTとゴムを混ぜて乾燥させるだけなので、製造プロセスに組み込みやすい。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

カーボンナノチューブの機能化・複合化技術 (CMCテクニカルライブラリー―新材料・新素材シリーズ)カーボンナノチューブの機能化・複合化技術 (CMCテクニカルライブラリー―新材料・新素材シリーズ)
(2011/10/05)
中山 喜萬

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter