FC2ブログ

AGCセイミケミカル UV硬化のフッ素系コーティング剤開発

化学工業日報より。
AGCセイミケミカル UV硬化のフッ素系コーティング剤開発

AGCセイミケミカルは、紫外線(UV)硬化タイプのフッ素系コーティング剤を開発したと発表しています。
従来のラインナップに加えてフッ素化合物と架橋モノマーの組成を最適化することで
ハードコート性が求められるトップコート向けの材料を開発したとの事です。
鉛筆硬度2Hは少々ハードコートとしては弱い気もしますが…。

AGCセイケミカル
AGCセイケミカル ロゴ
http://www.seimichemical.co.jp/

フッ素系コーティング剤(エスエフコート)
UT-UCH23
■液物性
外観:無色透明液体 開始剤:含有 粘度[mPa・s:90
■硬化膜物性
鉛筆硬度:2H  接触角[°] 水 :110 n-ヘキサデカン:69 オレイン酸:74
密着性 100/100 耐屈曲性:○ タックフリー性:○ 収縮:なし 黄変:なし

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
 AGCセイミケミカルは、紫外線(UV)硬化タイプのフッ素系コーティング剤を開発した。フッ素化合物と架橋モノマーの組成を最適化することによって、フッ素系コーティング剤の特徴である高い撥水・撥油性を保持しながら人の手などが触れる
トップコートに使えるハードコート性などの硬化膜物性を実現した。
主に電子部品向けに採用されている従来シリーズに加え、開発品は新規開拓も視野に入れて幅広く採用を働きかける方針。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

水性コーティング材料の設計と応用 (CMCテクニカルライブラリー―ファインケミカルシリーズ)水性コーティング材料の設計と応用 (CMCテクニカルライブラリー―ファインケミカルシリーズ)
(2010/02)
三代澤 良明

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter