FC2ブログ

旭硝子、銅ペースト事業化、スクリーン印刷向け

化学工業日報より。
旭硝子、銅ペースト事業化、スクリーン印刷向け

旭硝子は、スクリーン印刷に用いる銅ペーストを2014年に事業化すると報じられています。
銅ペースト材料は酸化しやすく、ペーストの焼成には還元雰囲気で焼成する必要がある
という課題がありましたが、同社の材料は還元雰囲気での焼成が不要との事です。
銀ペースト設備を保有している企業であれば置き換えが可能となると考えられます。
インクジェット向けの銅インクも14年からサンプルワークを開始するようです。
同社は銅ペーストの研究開発を以前から行っており、
2009年には大気焼成可能な銅ペーストを展示会で発表しています。
今回の製品の元となる開発品かと思われます。

関連記事
【セミコン・ジャパン】旭硝子がスクリーン印刷可能なCuペーストを開発

またスクリーン印刷機メーカーのマイクロテックと協力もしているようです。

http://www.e-microtec.co.jp/topics/ev_tpj11.html
AGC銅ペースト マイクロテック

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
 旭硝子は、スクリーン印刷に用いる銅ペーストを2014年に事業化する。銅ペーストの課題であった耐酸化性を向上。
還元雰囲気を不要とするため、既存の銀ペースト設備で使用可能な強みを持つ。国内で生産体制を整備し、タッチパネルの配線、フレキシブルプリント基板向けなどで銀ペーストからの置き換えを狙う。
インクジェット印刷向けの銅インクも14年からサンプルワークを開始する。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
導電性ナノフィラーの開発技術と応用 (CMCテクニカルライブラリー―新材料・新素材シリーズ)導電性ナノフィラーの開発技術と応用 (CMCテクニカルライブラリー―新材料・新素材シリーズ)
(2011/03)
小林 征男

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter