FC2ブログ

発電所停止の原因はクラゲ!?-九電 苅田発電所が一時停止に

日刊工業新聞より。

クラゲ

ちょっと前の記事ですが、8月14日に九州電力の苅田火力発電所でクラゲが冷却水の取水口に大量に押し寄せ、
除去装置が停止して発電が一時停止するという珍事が発生しています。
翌15日には除去装置の修理が完了し運転が再開されていますが実は以前にも同様の事例として
99年7月と07年7月に大分市の新大分発電所でも発生しているようです。
クラゲの発生原因には温暖化など色々な要因があるといわれていますが、大雨で土壌の栄養分が海に流れ込むことも一因となることもあるようですので
九州地域での豪雨も因果関係があるかもしれません。
地域的にはちょっと離れている気もしますが…。

Wikipedia-エチゼンクラゲ

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
九州電、クラゲ大量発生で苅田発電所新1号機停止

 【福岡】九州電力は14日、石炭火力の苅田発電所新1号機(福岡県苅田町、出力36万キロワット)が自動停止したと発表した。冷却水として海水を取り入れる取水口にクラゲが大量に押し寄せ、クラゲや海藻などを除去する装置が故障し、取水が困難になったため。18日までの運転再開を目指す。停止に伴う電力供給の支障は発生していない。
 クラゲが原因の停止は新大分発電所(大分市)で1999年7月と07年7月に発生しており、今回で3件目。そのほか豊前発電所(福岡県豊前市)で13年7月ごろ、除去装置の故障を防ぐため発電出力を抑制して取水量を抑える事例が7件発生しているという。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
九州電、クラゲ被害の福岡・苅田新1号機で発電再開

 【福岡】九州電力は15日、クラゲが原因で14日に停止した石炭火力の苅田発電所新1号機(福岡県苅田町、出力36万キロワット)が発電を再開したと発表した。冷却用の海水を取り込む取水口に設置するクラゲや海藻などを
除去する装置が故障していたが、修理を完了した。
 同装置は海中の浮遊物を複数の金属製網籠が回転しながら連続的にすくい上げる。ただ、大量発生したクラゲが押し寄せたことで、処理能力を超えて損傷防止用の保護装置が故障したとみている。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
クラゲガイドブッククラゲガイドブック
(2000/07)
並河 洋、楚山 勇 他

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter