FC2ブログ

NEC、スマホ事業統合でソニーと交渉も

リンゲルブルーメンより。
NEC、スマホ事業統合でソニーと交渉も

スマートフォン事業からの撤退が報じられたNECですが、事業統合の交渉相手としてソニーを候補としていると
報じられています。国内スマートフォン市場ではdocomoのツートップ戦略等もあり
(もちろんそれだけではありませんが)、各社の端末の販売台数に大きな開きが出てきています。
その中でPanasonicは海外市場を中心に据えるとしており、NEC(NECカシオモバイルコミュニケーションズ)は
今回スマートフォンから撤退と明暗が分かれた状況です。
液晶テレビのように先行すれば価格競争に巻き込まれ、かといってスマートフォンのように出遅れれば
じり貧にならざるを得ないと、エレクトロニクス業界を取り巻く環境は変わらず厳しい状況です。
ドッグイヤーと言われて久しいですが、もはやドッグと言えるようなスピードではなく
業界が様変わりしていっている中、絶えず戦略を練り直していく必要があると思います。
一企業の努力だけでは解決できない部分もあり、一筋縄ではいかない問題ですが…。

関連記事
日刊工業新聞:ズームアップ/NEC、スマホ“迷走”-次の交渉候補はソニー
EMSOne:【EMS/ODM】 NECスマホ撤退報道 受託生産のアリマ通信「通知まだない」
日本経済新聞:
ドコモ、非情の決断 日の丸ケータイの終焉
NEC、スマホ撤退へ レノボとの携帯統合見送り
パナソニック、ドコモ向け新スマホ見送り検討 今冬


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
スマホ事業撤退が報じられた「NEC」ですが、携帯事業統合の次の交渉相手としてソニーを候補にしていると日刊工業新聞が報じました。

NEC logo


NECの遠藤社長は携帯電話事業統合に関し「グローバルで稼げるビジネスモデルが描けないと意味がない」と明言しており、破談したLenovoに代わる次の交渉相手として「ソニー」を候補に据えているそうです。

ただソニーは、去年はじめに携帯事業においてEricssonとの合弁を解消したばかりで、NECとの統合交渉に踏み切るかは未知数と伝えられています。

なお日本経済新聞によるNECのスマホ事業撤退報道について、NEC製スマートフォンを受託生産する台湾アリマは声明で「そのような通知は一切なく、報道の真偽は不明である」としています。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter