FC2ブログ

米アップル、フレキシブルバッテリー特許を申請 ―iWatchに使用か

ガジェット速報より。
米アップル、フレキシブルバッテリー特許を申請 ―iWatchに使用か


米アップルが開発中と噂されている腕時計型コンピューター「iWatch」に向けて開発したと思われるフレキシブルバッテリーの特許を申請したと報じられています。
バッテリーを小分けにすることで柔軟性のあるデバイスが可能としています。
見るからに時計のバンド部分を意識していそうな内容ですね。
ただ、発火の恐れのある部品を腕に巻く、というのも少し躊躇してしまいますが…。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
9to5Macは5日(現地時間)、米アップルが開発中と噂されている腕時計型コンピューター「iWatch」に向けて開発したと思われるフレキシブルバッテリーの特許を申請したと伝えています。

Apple-patent-flexible-battery-pack-drawing-001.png


これまでにもアップルがiWatchに向けてフレキシブル素材の特許を取得しているとお伝えしてきましたが、今回の特許もまたiWatchに向けたものであるとみられます。

今回の特許は、バッテリーパックに関する技術で、バッテリーを小分けに隔離して包むことにより、バッテリーを内蔵した柔軟性のあるデバイスの生産が可能になるというものです。このバッテリーには、充電池の他にも太陽光電池などを埋め込むことができ、iWatchには最適なバッテリーとなりそうです。

スマートウォッチの課題としてよくあげられるバッテリー駆動時間の問題ですが、この技術を使えばバンド部分にもバッテリーを内蔵することが可能になり、極限までスペースを活かした設計でバッテリー問題の解消が期待できます。また、過去にも噂されているように太陽光電池の技術がiWatchに応用されるとなれば、バッテリーを意識して使用することがなくなるかもしれません。

iWatchについては、先日アップルが日本やロシア、台湾など世界各地でiWatchの商標登録を出願しているとお伝えした通り、着々と発売に向けての準備が進められているようです。

今回の特許は柔軟性という点だけではなく、限られたスペースを活かすことができるバッテリーパックでもあると考えられ、他のデバイスでの応用も期待できるかもしれません。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter