FC2ブログ

中国タッチパネル産業の再編・統合が加速化へ

http://japanese.china.org.cnより。
中国タッチパネル産業の再編・統合が加速化へ

中国タッチパネル産業についてすでに再編・統合の動きがあると報じられています。
一例として川上の材料メーカーである長信科技が川中企業のあるモジュール工場を買収したそうです。
原因として中国タッチパネルメーカーの信利光電の最高生産管理責任者(CPO)である陳学彬氏が
述べるところによると「タッチパネルの仕上げ段階である表面処理が複雑であり、その上、形や色、構造など
顧客のニーズに合わせて決める必要があるということ」とのこと。
特にOGSなどのデザインにまで関わる部品については顧客とのすり合わせが重要そうですね。
元々タッチパネル業界には川上・川下から様々なメーカーが参入していますので
産業構造・サプライチェーンはこれからも大きく変化していきそうです。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
中国タッチパネル産業の再編・統合がすでに始まった。タッチパネル産業の川上企業である原材料生産企業の
長信科技は先般、川中企業のあるモジュール工場を買収したことが業界の注目を集めた。アナリストは「今後、タッチパネル産業チェーンの再編・統合は加速するだろう」との見方を示している。18日付中国証券報が伝えた。

中国タッチパネルメーカーの信利光電の最高生産管理責任者(CPO)である陳学彬氏は中国証券報に対し、「タッチパネル産業で起ころうとしている再編・統合ブームには、業界企業はすでに準備ができている。産業チェーンの川上・川下企業の統合は必然的な流れである。
その主な要因は、タッチパネルの仕上げ段階である表面処理が複雑であり、その上、形や色、構造など顧客のニーズに合わせて決める必要があるということだ。現在、同業種の多くの企業が業務の構成において不完全であるため、今後、前期工程だけで後期の仕上げ処理を取り扱わない企業が統合される可能性が高い」との見方を示した。

「中国証券報」より 2013年6月18日
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter