FC2ブログ

ひめゆりの塔の証言者の方々について

 田口ランディさんのブログで「ひめゆりの塔の証言者の方々」について触れられていた。
自分は高校生の時に沖縄に修学旅行に行き、そこで証言者の方々の証言を聞く機会があった。確かにランディさんのブログで触れられているように、1時間以上も時系列にそって流れるようにお話され、確かに話の内容は壮絶な経験であるのだが、語り口があまりにも淡々としていて違和感を覚えたのを記憶している。自分の場合はだからこそ引き込まれたのだが、確かに退屈そうに聞いていたり、寝ている生徒もいた。
 語り口が一定になっていることの理由としてランディさんは「身を守るためのもの」とおっしゃっているが、なるほど、と実際に話を聞いたあの経験から7年以上も経って納得がいった。
 その上で自分があのときいかに貴重な体験をしたのかを思い知った気がする。

 またその話に関連したところで「どんな感想を持ってもよいのだ」と書かれている。自分も日ごろからそう思っていたのですっきりと納得できた。なにかを体験したとき、それぞれ経験してきたものが違うのであるから、同じ体験をしても感じ方はひとそれぞれであると思う。それを否定することはできない。
 さらに一歩進んで「退屈の原因を相手だけに求めてはいけない」とも。もちろん自分も何かを退屈に思うときはある。だがそこから一歩進んで「何故そう思うのか、その原因はどこにあるのか」と考えるように課しているつもりだ。そうすることで、退屈に思える時間や出来事でも意味を持ってくるのではないかと思っている。
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

TBさせていただきます - sumiko - 2005年06月15日 20:36:47

はじめまして。
ランディさんのところから来ました。
あなたのコメントに共感します。
TBさせていただきました。

- miyabi - 2005年06月15日 23:25:28

TBありがとうございます。

トラックバック

ここで、そこで、いろんなところで - 2005年06月15日 20:32

ひめゆりのこと(加筆)

ランディさんが、ブログにひめゆりのことを書いていた。「ひめゆり学徒隊だった女性の証言を聞くが、証言が退屈で、防空壕を見て感じた強い印象が薄れてしまった。」という入試問題を軸に、ご自身の意見を書いていた。私は去年、初めて沖縄に行ったとき、「ひめゆりの塔」に

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter