FC2ブログ

東電、産総研とホンダ開発の高所作業用ロボを福島第一に投入-「アシモ」の技術応用

日刊工業新聞より。
東電、産総研とホンダ開発の高所作業用ロボを福島第一に投入-「アシモ」の技術応用

以前に当ブログで取り上げたNHKの番組にて紹介されていました、
アシモの技術を応用した高所作業用ロボットが福島第一原発へ投入されるようです。
やはり実践投入へはなかなか時間がかかりますね。

当ブログ関連記事:
NHKスペシャル ロボット革命 人間を超えられるか

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
 東京電力は17日、産業技術総合研究所とホンダが開発した高所作業用ロボットを、福島第一原子力発電所に投入すると発表した。放射線量が比較的低い2号機原子炉建屋1階の西側エリアで使用。
18日にアームをまっすぐに伸ばした状態で天井部分の線量率測定や干渉物などを調査する。
安全性や操作性などから実施可否を判断し、後日、格納容器に通じる配管部周辺を調べる計画だ。

asimo応用作業ロボット
18日から福島第一原発で稼働開始する高所作業用ロボ
(右はマストをすべて伸ばした姿勢)

 高所部分の除染や遮蔽(しゃへい)は空間線量の低減に効果的とされるが、これまでの調査手段は目視のみで、具体的な線量や奥まった場所の調査はできていなかった。成果を踏まえて他の原子炉建屋調査への水平展開や、除染作業への活用も検討する。

 ロボットはクローラー型の移動台車にアームロボットを搭載した構造。放射線量の測定や静止画の撮影、3次元データの取得などができる。大きさは全長1・8メートル、幅0・8メートル、高さ1・8メートルで、重さが約1100キログラム。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter