FC2ブログ

次世代スマートフォンのヒントは虫たちが握る? 昆虫の体の仕組みを模した新技術6選

次世代スマートフォンのヒントは虫たちが握る? 昆虫の体の仕組みを模した新技術6選

Wired_bug-lens_image1.jpg

いま、カメラからバッテリーにいたるまでのあらゆるパーツで、バイオミメティクスの研究が進んでいる。バイオミメティクスとは、生物の機能や構造を人工物に再現する技術だ


昆虫の目を研究した結果、180個のマイクロレンズからなる半球体の小さなカメラが開発された。
一つひとつのレンズがそれぞれ異なる角度から写真を撮影することで、画角160度のクリアな画像が得られる。これは「iPhone X」の2倍を超える画角だ



バイオミメティクス(生物模倣)というとモスアイフィルムがまず思い浮かびます。
扇風機の羽や洗濯機の洗濯層のプロペラにも応用されていたはず。昆虫はヒントの宝庫かもしれません。

バイオミメティクス標準化-年明けにも「構造・材料」規格がISO発行へ
NBCI、生物模倣技術でバイオミメティクス分科会を設立-日立など16社参加



関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter