スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【抜粋記事】「中国BOEが7850億円投じ6G有機ELパネル工場建設」の衝撃

投信1
「中国BOEが7850億円投じ6G有機ELパネル工場建設」の衝撃

BOE_LCD_plant_image1.jpg

17年のFPD製造装置を見まわした時に驚くべきなのは、売上高が前年比30%増の24.7億ドルと過去最高を記録したことだ。このうち有機ELは15.5億ドルを占めて63%を構成しており、液晶向けは9.2億ドルで37%となっている


中国の存在感は増している。17年のFPD製造装置市場における地域別の構成比を見た場合、韓国向けの比率はグングン下がっており、何と中国向けが78%を占めている。設備投資が行われる現場はやはり中国という構図




中国BOEは有機ELと大型液晶の分野で一気に攻めの投資に出てきた。重慶には6G有機ELパネル工場の建設を決定したが、投資額は何と7850億円という巨額であり、20年下期にも稼働


6Gベースで生産能力は月産4万8000枚となり、スマホ、車載、ノートPC向けに出荷するもので、折り畳み可能なパネルの生産を目指すという


合肥工場に続く10.5世代液晶パネル工場の第2拠点を武漢に建設することも決めた。これまた投資額は7750億円という巨額であり、20年下期にも稼働


武漢新工場の生産能力は、ガラス基板投入ベースで月産12万枚となり、主にテレビ向けに65型/75型の4Kおよび8Kパネルを生産する計画



LGディスプレーの幹部と話す機会があったが、やはりBOEの存在を恐れていた。ただし、テレビ向けの大型有機ELの世界では絶対に世界トップを譲らないともしており、韓国においては坡州に約1兆円を投じて10.5Gの有機EL工場を建設する考えがあり、19年にも着工する。また併せて中国では杭州に8.5G有機EL工場の新設を計画しており、早ければ18年下期には着工に踏み切るだろう



当ブログ関連記事
【抜粋記事】大型液晶、2019年には中国の生産能力が韓国を抜く可能性
【抜粋記事】モバイルで攻勢に出るTianma、全方位戦略のBOE

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。