スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村田製作所、500億円投資 ソニーから買収の電池事業 車載機器向け参入

日本経済新聞
村田製作所、500億円投資 ソニーから買収の電池事業 車載機器向け参入

murataseisakusho_cheer_image.jpg

村田製作所はソニーからの買収を完了する海外の電池工場で、
2020年3月期までに500億円を投資するとしています。


スマートフォン(スマホ)用リチウムイオン電池などの売上高を3割増の2千億円に引き上げ、
新たに自動車の電装品向け電池にも参入。買収後すぐに設備増強に踏みきり、電池分野で先行する
韓国サムスンSDIなどを追い上げるとしています。

murata-sony_buttery-share_image1.jpg

ソニーの電池事業の買収を完了した後、中国・無錫(江蘇省)とシンガポールの工場に
電極の加工装置や試験設備を導入。ソニーが投資を抑制し更新が遅れていた設備を入れ替えるため、
まず500億円を集中投資するとのこと。
その後も年200億円規模の投資を継続。需要が伸びるスマホの薄型電池のほか、電動工具や掃除機に使う
円筒型の電池も供給を増やすとしています。

村田製作所はスマホ向けの電子部品を得意としています。電池でもスマホやタブレット端末向けで、
現在は15%の世界シェアを20~30%まで高める考えです。
米アップルなどスマホ大手3社向けの供給でシェア首位を目指すとしています。

自動車向けではエンジンのアイドリングストップ機能や電装品に使う車載機器用電池に参入。
液体を使わず発火の危険性が少ない「全固体電池」と呼ばれる電池も19年に実用化し、
スマートウオッチなど体に直接触れるウエアラブル端末向けに供給するとのこと。

工場や家庭で使う蓄電池も村田製作所の電圧変換器と組み合わせ販売。
採算性が低い製品の統廃合も進めながら、売上高は直近の年約1600億円から
年率10%ペースで伸ばすとしており、ソニー傘下では営業赤字が続いていましたが、
電子部品の生産ノウハウを応用してコストを抑え黒字化をめざすとしています。

murata_shiga_buttery_plant_image1.jpg
電子部品の生産ノウハウを応用して製造コストを抑える (村田製作所の滋賀県内の電池工場)

開発部門の集約も進めるとしています。買収する電池事業の従業員は約9千人。
20年に横浜市の「みなとみらい21地区」で新たに設ける拠点にソニーの神奈川県厚木市の拠点などから
担当者を移し、新規採用も加えて人員を増やすとしています。

富士経済によるとリチウムイオン電池の世界市場は20年に17年比35%増の約3兆2300億円になる見通し。
村田製作所はスマホ向け電池を滋賀県の工場で生産してきましたが小規模でした。
買収と設備増強でパナソニックや韓国のサムスンSDI、LG化学、香港アンプレックステクノロジーといった
大手に対抗するねらい。

村田製作所は16年にソニーの電池事業買収を発表。175億円で4月上旬に買収する予定でしたが
中国当局の審査などでずれ込んでいました。

当ブログ関連記事
【抜粋記事】トヨタ、全固体電池搭載の電気自動車で一気に後れを取り戻すか?
【抜粋記事】ソニーが売却する電池事業、大赤字でも中核だった理由(追記)


関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。