【抜粋記事】10分で30km、急速充電EVバス…東芝インフラシステムズなど、マレーシアで実証運行開始

RESPONSE
10分で30km、急速充電EVバス…東芝インフラシステムズなど、マレーシアで実証運行開始

Toshiba-infra-systems_SCiB-bus_image1.jpg

東芝インフラシステムズなど4社は、10分間の超急速充電で高い運行頻度を実現するEVバスの実証運行をマレーシアで開始




東芝インフラシステムズは、大型EVバスに搭載する二次電池の供給、クラウド情報システムの構築、充電ステーションの構築および全体のとりまとめを担当


実証運行では、急速充電性能に優れた同社製二次電池SCiBを搭載したEVバスとバスターミナルに設置したパンタグラフ式充電装置を組み合わせることで、10分間の超急速充電運行を実現


また、SCiBの長寿命特性を活かし、電池交換を10年間不要とすることを目指している



当ブログ関連記事
【抜粋記事】NEC、車載用電池事業から撤退−“虎の子”の電極事業も売却へ
【抜粋記事】トヨタ、全固体電池搭載の電気自動車で一気に後れを取り戻すか?
住友電工が大型蓄電池にチタン系材料、コスト半減でNASのライバルに?

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter