【抜粋記事】HTC、VR部門売却や身売りを検討か--売却先候補にグーグルも?

CNET
HTC、VR部門売却や身売りを検討か--売却先候補にグーグルも?

HTC_smartwatch_onewear_image.png

HTCが、自社の戦略的な選択肢について検討中だという




VR部門を売却または独立企業としてスピンオフすることや、企業全体の売却など幅広い選択肢が検討されており、Googleも売却先候補に挙がっているという


同社は、「Android」搭載スマートフォンを早期から提供しており、モバイル分野の主力企業となっていた。しかし、Appleとサムスンがハイエンド端末市場で他社を圧倒し、OnePlusやXiaomiなどの新興企業が魅力的な低価格の端末を投入する中、HTCの端末に対する関心を維持するのは難しくなっている


HTCは最新の取り組みで、仮想現実(VR)と、ゲーム企業Valveとの提携に基づくVRシステム「Vive」に賭けているが、必ずしも順調ではないようだ


HTCは第1四半期に約19万台を販売し、VR市場においてサムスン(同四半期販売台数48万9000台)とソニー(同42万9000台)に次ぐ第3位につけている



関連記事
日刊工業新聞:HTC、会社売却含め検討か
GIZMODE:HTCがVR事業「Vive」の分離/売却、あるいは会社身売りを検討中?

当ブログ関連記事
【抜粋記事】台湾HTC、身売りや部門売却含めた戦略的選択肢を検討-関係者
HTCのVR HMD「Vive」製品版はコントローラー付きで799ドル
HTC、2期連続の純損失を計上--スマートフォンの販売不振と競争の激化が響く


関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter