【抜粋記事】布に“印刷”できるウェアラブルバッテリ--マンチェスター大学が発表

CNET
布に“印刷”できるウェアラブルバッテリ--マンチェスター大学が発表

manchester-Univ_graphene_print_fabric_image1.jpg
布に酸化グラフェン製のインクでプリント(出典:マンチェスター大学)

マンチェスター大学の研究チームは、衣服などの布に直接プリントする電子回路でウェアラブルバッテリが作れる、という研究結果を発表




衣類へのプリントで利用されるスクリーン印刷技法を使い、電気伝導性を持つ酸化グラフェン製のインクで綿織物にプリントを施した


研究チームは、柔軟性のあるスーパーキャパシタを布の上に実現することが可能と主張


スーパーキャパシタは、電子素子であるコンデンサの一種。電荷を保持する性質があり、バッテリのような蓄電デバイスとしての活用が研究されている


十分な電力容量のスーパーキャパシタを衣服に組み込めるようになれば、現在のような重くかさばるバッテリを必要としないスマートなウェアラブルデバイスが安価に実現できるという


この技術の応用で作れるものの例として、着ている人の身体情報をモニターするスポーツウェア、健康状態を監視するデバイス、軽い軍用装備品、まったく新しいモバイル通信デバイス、ウェアラブルコンピュータなどを挙げた



The University of manchester
Flexible batteries power the future of wearable technology/

当ブログ関連記事
関西大と帝人、組紐状の圧電センサを開発 - 結び方で動きの違いを感知
グーグル、リーバイスと共同開発したスマートジャケットを発表(追記)
シルク電極の開発と、それを基にした大学発医療系ベンチャーの設立

    

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter