アウディ、中国アルタと提携 EVサンルーフにフィルム型太陽電池

日刊工業新聞
アウディ、中国アルタと提携 EVサンルーフにフィルム型太陽電池

Audi_Film_solar-cell_image1.jpg
(AUDI AG 提供)

アウディは、ガラス製サンルーフへの太陽光発電機能の搭載で、中国系企業と提携すると発表しています。


アウディと提携するのは、中国の太陽光パネル大手・漢能薄膜発電(ハナジー・シンフィルム・パワー)の
子会社アルタ・デバイセズ(米カリフォルニア州)。

アルタ社製のフィルム型太陽電池を、電気自動車(EV)のガラス製大型サンルーフに埋め込み、
社内エアコンなどの電源に活用することで、EVの航続距離拡大を目指すとのこと。
今年末にも最初の試作車を製造する予定で、将来は、駆動用電源としての活用も目指すとしています。

車体屋根のソーラーパネルは、トヨタ自動車が2月に発売したプラグインハイブリッド車(PHV)
「プリウスPHV」の新型で導入されています。

当ブログ関連記事
【抜粋記事】糸状太陽電池、衣服に織り込み「着る発電所」に
2020年、プラスチックフィルム・シート世界市場は13兆9,288億円

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter