旭硝子、TFT液晶用ガラス基板の製造窯 中国に新設

日刊工業新聞
旭硝子、TFT液晶用ガラス基板の製造窯 中国に新設

AGC-group_Glass_plant_image1.jpg
AGCグループのTFT液晶用ガラス基板生産

旭硝子は、中国広東省恵州市に薄膜トランジスタ(TFT)液晶用ガラス基板の
製造窯を新設すると発表しています。同社初の第11世代サイズ(3370ミリメートル×2940mm)ガラス基板の
生産拠点とする計画で、2018年末に稼働。


中国はTFT液晶パネルの生産が伸び、基幹部材のガラス基板需要も拡大傾向にあります。
生産を大幅に拡充し、需要家の取り込みを図るとしています。

恵州市仲豈開発区に持つ同社TFT液晶用ガラス基板工場内に建設。総工費は約320億円で、
グループ工場から主要設備を移設。新規投資は総工費の半額程度に抑えるとのこと。
生産能力は非公開ですが、既存のTFT液晶用ガラス基板製造窯の年産能力は約1000万m2で、
同等規模の製造窯とみられています。

生産したガラス基板(素板)は江蘇省崑山市や広東省深セン市に持つガラス基板の
後加工工場に供給し製品化。中国のパネルメーカーに販売する計画。

既存設備は第11世代より一回り小さい第8.5世代を主に生産。より大型の第11世代の消費は
大きく伸びる見通しで、需要獲得には先行して生産体制を整える必要があると判断したもようです。

関連記事
日経テクノロジーオンライン:旭硝子、中国に第11世代TFT液晶用ガラス基板製造窯を建設

当ブログ関連記事
中国Irico、7.5世代TFT-LCD基板ガラスの国産化で成果
旭硝子、導光板用ガラスを開発-業界最高水準の光透過性能
旭硝子、車載向け三次元曲面ガラス 生産能力4倍に

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter