スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【抜粋記事】セルロースナノファイバー最前線・企業編 太陽ホールディングス、熱膨張を防ぐ

日刊工業新聞
セルロースナノファイバー最前線・企業編(14)太陽ホールディングス、熱膨張を防ぐ

Taiyo-HD_CNF_PCB_image1.jpg
CNF配合の層間絶縁材料を使って回路形成したプリント配線板

太陽ホールディングスはセルロースナノファイバー(CNF)を、電子材料分野に初めて適用




電子部品や回路パターンの高密度化で発熱が多くなり、課題となってきたのが絶縁材料の熱膨張を抑えること


従来、シリカや硫酸バリウムなどの無機フィラー(充填剤)によって熱膨張率を抑える手法が採られてきたが、同社はCNFをフィラーに使って高性能化する独自技術を開発


絶縁樹脂に無機フィラーを配合しすぎるともろくなり、「絶縁材料の低熱膨張率化は、従来手法では限界が見えていた」(宇敷滋研究本部研究部研究二課長)


同社はシリカや硫酸バリウムに代わる無機フィラーの効果を検証しつつ、軽量・高強度で熱変形がほとんどないCNFの可能性を探り続けた


「疎水性をうたっていても樹脂中に分散せず、混ぜ合わせた程度になるサンプルが多かった」


各種サンプルと樹脂の組み合わせを試し、大手化学メーカーの協力も得てCNFを独自に再加工し、絶縁樹脂に分散させる複合化技術の開発にこぎ着けた。絶縁材料へのCNF適用は世界初という。2017年5月末に成果を公表し、これまでに十数社から引き合いが寄せられた


当初は多層プリント配線板の層間絶縁材料として17年度内にサンプル供給を始め、18年度には月産100キログラムで量産化する計画



当ブログ関連記事
【抜粋記事】自動車軽量化へ「木」に脚光 鉄の5倍強い新素材CNFの実用化急ぐ
CNF混合でメッキ部品、日立マクセルが車のドアノブ試作
セルロースナノファイバー最前線・企業編 日本製紙−世界最大規模で量産

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。