【抜粋記事】ジャパンディスプレイ、独自の有機EL技術をライセンス供与

NEWSWITCH
ジャパンディスプレイ、独自の有機EL技術をライセンス供与

JDI-Curved-OLED_image1.jpg
JDIが開発した有機ELディスプレー

ジャパンディスプレイ(JDI)は、スマートフォン向け有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)パネル技術のライセンス供与に向け検討を始める




2019年半ばに量産技術を確立する計画で、20年後半から21年頃からのライセンス事業を視野


JDIは同社とは別の製造技術を使った有機ELパネルを開発中。しかし後発のため、量産技術が確立しても1社単独では競合に対抗できない可能性が高い。そのため独自技術をライセンス供与することで、次世代有機ELパネル技術の陣営を形成し、技術の標準化を狙う


JDIが量産試作を進めている有機ELパネルは、製造工程にメタルマスクを使って気化した有機EL材料を塗り分ける「蒸着方式」と呼ばれる方法で、その中でもより高精細で消費電力を抑制できると期待される「アドバンストSBS技術」



当ブログ関連記事
JDI、外部資本受け入れ検討 経営再建策(追記)
中国パネルメーカーの天馬、JDIに出資提案

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter