【抜粋記事】「スマホ生産工程のすべてをロボットに置き換える」(中国EMS)

NEWSWITCH
「スマホ生産工程のすべてをロボットに置き換える」(中国EMS)

Yasukawa_robot-hand_chima-market_image1.jpg
安川電機が中国に投入したロボット

産業用ロボットや関連する部品メーカーが国内外で相次ぎ生産を拡大する。人手不足などを背景に世界で工場の自動化投資が活発化している。中でも中国では主力の自動車産業以外にスマートフォン(スマホ)や電子機器の生産などでロボットの活用が広がり、旺盛な需要が続く




「すべての生産工程をロボットに置き換えたいと思っている」。スマホのカバーなどを生産する中国の大手EMS(電子機器製造受託サービス)幹部は、ロボットの導入拡大に強い意欲


1万人が働く同社の工場ではこれまでに約3000台のロボットを使い自動化を推進


同幹部は「導入費用は4―8カ月で回収できた」とし、投資対効果にも満足


スマホの検査などを手がける別の中国大手EMS幹部も「ロボットの導入で利益率が高まった」とし、今後2年間で生産ラインの自動化を全体の3分の2まで拡大する意向を示す


安川電機は2018年に中国江蘇省常州市の拠点に第3工場を新設。同国でのロボット生産能力を18年度末までに現状比2・5倍の月1500台に引き上げる


現地のスマホメーカーやEMSは、電子機器の研磨や組み立てに使うロボットを1度に100台超など大量発注する場合が多い


川崎重工業は17年度に中国江蘇省蘇州市の工場を本格稼働し、前年度比2倍の約8000台のロボット生産を目指す


東芝機械は4月に中国上海市の拠点でロボットの生産を開始。順次本格化する計画で、最終的に部品の現地調達率を5割以上に高めて価格競争力を引き上げる


ファナックは、約630億円を投じて茨城県筑西市に新工場を建設する。当初の生産能力は月2000台。18年8月をめどに稼働


「17年の中国の産業用ロボットの販売台数は前年比20%以上伸びるだろう」。中国ロボット産業連盟(CRIA)の宋暁剛理事長は17年の見通しについてこう指摘し、同国で初めてロボットの販売台数が年間10万台を超えるとの認識



当ブログ関連記事
インベンテック、ロボットアーム100台追加 小米スマホ製造中国工場に
サムスン「ロボットによる精密作業」でコスト削減
鴻海、自動化ロボット導入ペース、年1万台にとどまる 目標は3年で100万台

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter