UV発光塗料でボルト・ナットの緩み点検

NEWSWITCH
UV発光塗料でボルト・ナットの緩み点検

plunaschem_UV-ink_bolt_image1.jpg

プラナスケミカルは、紫外線(UV)で発光する塗料を使った、ボルト・ナットの緩みを点検する技術を
完成したとしています。発光の有無で緩みを確認するため熟練度を要さず、
高所など離れた箇所でも容易に点検できるとのこと。
飛行ロボット(ドローン)と組み合わせ、送電線の鉄塔などの点検を想定。
独自開発の塗料とUV照射器をセットで販売するとのことです。
 

塗料はボルト・ナットの周囲に沿って基材との間に塗布。蛍光顔料を含む柔軟性の高い塗料を1層目に、
UVを遮る硬質塗料を2層目に塗布。塗料はUV硬化型。緩みが生じると、その部分の硬質な2層目だけが割れ
①層目が露出する。そこにUVを照射すると1層目が発光し、緩みが確認できる仕組み。

通常、ボルト・ナットの緩みは締め直すことで確認したり、付けておいた印のズレを目視確認したりしています。
新技術は高所などでもカメラとUV照射器を搭載したドローンを使うことで容易に短時間に
点検できるようになるとしています。

消費税抜きの価格は塗料がM6サイズのボルト200本分の容量で1万8000円。
UV照射器は6ワットタイプが25万円、60ワットタイプが50万円。

プラナスケミカルは以前からトンネルなどコンクリート構造物のひび割れ点検用として
同様の仕組みのUV発光塗料を販売しています。

今回、塗料をボルト・ナット用に改良して応用。
定期点検の義務化などインフラ点検の重要性が再認識される中、
それを容易にする技術として売り込むとのことです。


    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter