ノースウェスタン大、インクジェット法によって高導電性グラフェンパターンを印刷形成

グラフェンWikiより。
ノースウェスタン大、インクジェット法によって高導電性グラフェンパターンを印刷形成(2013/05/25)

ノースウェスタン大学の研究チームが、インクジェット法を用いて導電性の高いグラフェンパターンを印刷したと
発表しています。エタノール溶媒とエチルセルロースを用いてグラフェンインクを作製し、
インクジェットで印刷を行っています。
250℃30minの熱処理後に4mΩ・cmの抵抗値との事。

Inkjet Printing of High Conductivity, Flexible Graphene Patterns
Ethan B. Secor †, Pradyumna L. Prabhumirashi †, Kanan Puntambekar †, Michael L. Geier †, and Mark C. Hersam *†‡§
†Department of Materials Science and Engineering, ‡Department of Chemistry, and §Department of Medicine, Northwestern University, Evanston, Illinois 60208, United States

J. Phys. Chem. Lett., 2013, 4 (8), pp 1347–1351
DOI: 10.1021/jz400644c
Publication Date (Web): April 8, 2013
Copyright © 2013 American Chemical Society

■Abstract
The ability to print high conductivity, conformal, and flexible electrodes is an important technological challenge in printed electronics, especially for large-area formats with low cost considerations. In this Letter, we demonstrate inkjet-printed, high conductivity graphene patterns that are suitable for flexible electronics. The ink is prepared by solution-phase exfoliation of graphene using an environmentally benign solvent, ethanol, and a stabilizing polymer, ethyl cellulose. The inkjet-printed graphene features attain low resistivity of 4 mΩ·cm after a thermal anneal at 250 °C for 30 min while showing uniform morphology, compatibility with flexible substrates, and excellent tolerance to bending stresses.

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
ノースウェスタン大学の研究チームが、インクジェット法を用いて導電性の高いグラフェンパターンを印刷した。
フレキシブルエレクトロニクスに適合する技術であるという。2013年4月8日付けの the Journal of Physical Chemistry Letters に論文が掲載されている。

インクジェット法で印刷形成したグラフェンパターン
インクジェット法で印刷形成したグラフェンパターン (Ethan B. Secor et al., J. Phys. Chem. Lett.(2013) doi: 10.1021/jz400644c)

高い導電性を有するコンフォーマルかつフレキシブルな電極を大面積に低コストで印刷する技術は、プリンテッドエレクトロニクスを実用化する上で重要な課題となっている。

研究チームは今回、インクジェット法を用いて導電性の高いグラフェンパターンを印刷できることを実証した。
環境負荷の低いエタノール溶媒と安定した高分子であるエチルセルロースを用いて、液相の剥離グラフェンによるインクを作製。このグラフェンインクをインクジェット法で印刷した。

250℃での熱処理を30分間施した後では、4mΩ・cmと低い抵抗値が実現された。同時に、形態的な均一性、フレキシブル基板への適合性、曲げストレスへの優れた耐性なども確認されたという。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter