理科大ら、「拭ける」モスアイ構造の形成に成功

OPTRONICS ONLINE
理科大ら、「拭ける」モスアイ構造の形成に成功

tokyo-univ-of-sci_moss-eye_image1.jpg

東京理科大学とオーテックスの研究グループは、新しく開発した「高硬度で防汚性を持つ紫外線硬化性樹脂」
を用いて、「モスアイ構造」の転写に成功したとしています。


モスアイ構造はナノオーダーの針状構造で、反射防止効果があります。
これまでも、モスアイ構造を用いた反射防止フィルムは、大型ディスプレー表面に使用されてきましたが、
触ると壊れ、指紋が付くという問題点がありました。

今回開発した技術を用いれば、触っても壊れず、防汚性もあり容易に汚れが拭き取れ、
従来の問題点を克服するだけでなく、スマートフォンなどのタッチパネルへも使用できるようになるほか、
モスアイ構造表面の水の接触角は150°以上で超撥水性を示し、この性質を利用した製品などにも
使用できるとしています。

モスアイ構造の金型原盤は、東京理科大学が保有する特許技術で作製し、転写に関しては、
ナノオーダーの転写が可能なナノインプリント技術を用いています。
新開発品の樹脂を用いて作製されたモスアイ構造は、スチールウール700gfの擦過試験にも耐え、
指紋のふき取りも容易に行なえたとのこと。
これによって、触っても壊れないタッチパネル用反射防止フィルムが実現したとしています。

モスアイ構造はナノオーダーの針状形状を持ち、可視光領域で反射防止効果があります。
モスアイ構造は、グラッシーカーボン(GC)基板に酸素イオンビームを照射するだけで形成できますが、
通常触ると壊れる程度の強度しかありません。開発した技術では、GC上のモスアイ形状を特殊な
UV硬化性樹脂にナノインプリント技術により転写することで、触っても壊れない超高強度の
樹脂性モスアイ構造の複製に成功したとしています。

さらに、このUV硬化性樹脂には防汚成分が含まれているため、指紋などのふき取りも可能となったとのこと。
また転写されたモスアイ構造は反射防止効果に加え、視認性も向上したとしています。

東京理科大学ニュースリリース(PDF)
壊れず、拭き取り可能な低反射率ナノ構造表面
~タッチパネルにも使えるモスアイ構造フィルム~


関連記事
マイナビニュース:理科大、高硬度・防汚性の「モスアイ構造」転写に成功- タッチパネル用途に

当ブログ関連記事
【抜粋記事】有機ELと3Dの進化をけん引するディスプレー部材
微小な凸凹構造にも使える反射防止膜、低コストで高性能に
「太陽光発電パネルの効率を3%向上できる」、EVGの反射防止膜塗布装置

    

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter