【抜粋記事】日立オートモティブ、自動運転「レベル4」実証−ソフト高度化急ぐ

日刊工業新聞
日立オートモティブ、自動運転「レベル4」実証−ソフト高度化急ぐ

Subaru_eyesight_HitachiAMS_image1.jpg
スバルの「アイサイト」に日立AMSのステレオカメラが採用されている

日立オートモティブシステムズ(日立AMS)は、年内に運転手の操作が不要な「レベル4」に相当する完全自動運転技術搭載車の走行実験を日本で始める




自動車メーカーがレベル4相当の完全自動運転の実用化を表明する中、同社は車用制御システムの豊富な知見を生かし、センサーやソフトウエアの高度化を急ぐ


レベル4の走行実験は国内の自社のテストコースで行う。大規模駐車場を想定したスペースを作り、運転手が車にいない状態で車が自動走行して駐車する「自動バレーパーキングシステム」の実験を行う


緊急時を除き運転手の代わりに自動運転システムが操作する「レベル3」搭載車の走行実験も年内に実施


日立AMSは日産自動車やSUBARU(スバル)、スズキなどに自動車用ECUやステレオカメラを供給。20年度に売上高1兆3000億円(16年度は約9900億円)を目指し自動運転、電動化向け製品を全体の3割(同2割)まで引き上げる計画



当ブログ関連記事
日立オートモティブ、20年度売上高1兆3000億円−自動運転・電動化けん引
【抜粋記事】ホンダの自前主義の殻を破った日立AMS、次は何を破る? 関社長インタビュー
【抜粋記事】日立オートモティブの研究開発費が1000億円突破、自動運転システムの開発を強化へ

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter