JOLED、来年初にフレキシブル印刷有機ELパネルの試作開始

日刊工業新聞
JOLED、来年初にフレキシブル印刷有機ELパネルの試作開始

JOLED_coating_flexOLED_sample_image1.jpg
JOLED提供

JOLEDは、印刷方式のフレキシブル有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)パネルの試作に乗り出すとしています。
2018年2-3月頃に、石川技術開発センター(石川県川北町)に設置した4.5世代基板サイズの
パイロットラインで生産するとのことで、年内にも設備を導入し実用化を加速するとしています。


また基板サイズが大型の同パネルについて、実用化に向けて他社と提携する方向で検討を始めています。
主にテレビへの採用を視野に、ライセンス契約を結ぶ方針。JOLEDの技術については、シャープなどが採用に
前向きとみられています。

JOLEDが手がける有機ELパネルは有機EL材料を印刷で塗布する点が特徴です。
材料を塗り分けるための型が不要で大気圧中で製造できるなど、低コスト化が期待されています。

当ブログ関連記事
住友化学、有機ELパネル向け新材料 印刷方式でコスト半減
JDI、有機EL開発のJOLED子会社化を延期。中期経営戦略見直し(追記)
【抜粋記事】JOLED、印刷法で21.6型有機ELを製品化、次は大型へ(追記)

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter