ZMP、歩道走行型の宅配ロボ開発 100㎏の荷物を玄関先まで

日刊工業新聞
ZMP、歩道走行型の宅配ロボ開発 100kgの荷物を玄関先まで

ZMP_delibery-robo_image1.jpg

ZMPは、歩道走行型の宅配ロボット「キャリロデリバリー」のプロトタイプを開発したとしています。


センサとカメラで周囲環境を360度認識しながら最大6km/hで自動走行。
8月以降、寿司の宅配事業を展開するライドオン・エクスプレスとともにビルなどの私有地を使って
配送の実証実験を始めるとしています。

同ロボットは車輪の上に箱型の宅配ボックスを搭載し、マンションなどの中に入って玄関先まで荷物を届ける。
最大積載量は100Kgで、「ドローンでの配送が困難な10人分の食品なども運べる」(谷口社長)とのこと。
配達員不足の解消や人件費の抑制など宅配業界の課題解決に寄与するとしています。

欧州や中国ではすでに宅配ロボットによる配送実験が開始されていますが、
日本では歩道を自動走行するための法制度が整備されていません。
今後は、電動シニアカーのように公道で歩行者と同じ扱いを受けられるよう、
政府との協議を進めていく方針とのことです。

当ブログ関連記事
【抜粋記事】「タクシー業界も自動運転受け入れて」、日の丸交通とZMPが無人運転に乗り出す
ドローンと自動運転車が連携し、有線給電で長時間巡視。エアロセンスとZMP
ドローンの量産開始 ソニー系とZMPの共同会社

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter